6日午前1時40分ごろ、高知県・室戸岬の南南東約100キロの上空で、米海兵隊岩国基地(山口県岩国市)所属のFA18戦闘攻撃機とKC130空中給油機が訓練中に接触し、海上に墜落した。乗員2人が自衛隊に救助されたが、米軍によるとこのうち1人の死亡が確認された。残る5人の行方が分かっていない。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら