6日午後から発生したソフトバンクの通信障害は世界11カ国でほぼ同時に発生していたことが判明。異例の大規模障害の詳しい原因は分かっておらず、利用者に衝撃が広がりそうだ。ソフトバンクは今月19日に上場予定でグループから携帯子会社として独立目指す直前のトラブルとなりイメージダウンも避けられそうにない。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら