バルセロナウルグアイ代表FWルイス・スアレスと、ブラジル代表MFアルトゥールの両選手が6日の練習に合流したようだ。スペインマルカ』が報じている。

▽右ヒザを痛めていたスアレスは全治2~3週間の離脱と報じられ、公式戦ここ3試合を欠場していた。一方のアルトゥールは内転筋を痛め、同じく公式戦3試合を欠場していた。

▽両主力を欠いた中、バルセロナリーガエスパニョーラビジャレアル戦(2-0)、チャンピオンズリーグPSV戦(2-1)、コパ・デル・レイのレオネサ戦(4-1)を連勝で乗り切っていた。

バルセロナは週末の8日、リーガエスパニョーラ第15節でエスパニョールとのダービーを控えているが、両選手が復帰することになれば首位キープを目指すバルセロナにとって追い風となりそうだ。

サムネイル画像