転職が頭をよぎったとき、あなたはどんな行動をとるだろうか。知人に相談したり、求人サイトをちょっとのぞいてみたり。終身雇用が崩れ出したとされる今、転職サイトにはまだ登録していないものの「他にいい仕事あったら転職もいいかも」と思っている人は少なくないのでは。実際、人材業界ではこうした「転職潜在層」は労働者の6割程度に当たるとされる。

【その他の画像】

 パーソルキャリアの自社サービスを使った調査によると、10月の転職求人倍率は2.11倍と求人数の高止まりが続く。空前の人手不足の中、企業側としては転職市場に出ている人材だけでなく、こうした転職潜在層にもいち早くアタックしたいのが本音だ。

SNSの情報から「退職意欲」を予測

 AI(人工知能)を活用した転職サービス「scouty」を運営するscouty(東京・渋谷)は、こうしたビジネスパーソンの「転職したい気持ちの高まり」を感知するシステムを開発、搭載した。欲しい人材が発する“転職シグナル”をAIから受け取った企業が、転職市場に流れる前にすかさずスカウトする仕組みという。

 ただ、scoutyでは転職潜在層の人に直接「転職したいですか?」とアンケートを取っているわけではない。そもそも運営側は基本的にこうした潜在層にじかに接触せず、転職シグナルを発した人も感知されたことには気付かないという。なぜなのか?

 scoutySNSをはじめネット上に流れている個人情報を元に膨大な人材データを集積し、AIに分析させることで顧客企業に最適な採用候補者を提案するサービスだ。現在は能力を数値化しやすいエンジニアを対象としている。エンジニアのみで10万人弱、他の職業も含めると約100万人をデータベースに登録している。導入企業は50社以上に上る。

 一般的な転職サイトと違い、そもそも転職希望者が会員登録をすることはない。AIの分析結果をもとにscoutyの運営側が「その募集枠にはこの人が向いている」と企業にエンジニアを提案する。ある日突然、その人に企業からスカウトのメールが届くという仕組みだ。エンジニアにとっては転職活動をまだ始めていない段階であっても「これがあなたの天職かも」と誘いを受けることになる。

 こうした転職潜在層へのアプローチを強化するため8月以降、scoutyに順次搭載していったのが今回の転職シグナルの感知機能だ。同社が特に注目したのは、これまで集積したデータから浮かび上がった、転職者が職を変える前後に高頻度で起こしている行動だという。

 1つ目は「SNSプロフィール内容の変更」。scoutyのCEO、島田寛基さんは「今後、転職活動時に企業人事に見られることを想定して自分の強みや弱みなどを追記したり、情報を更新してきれいな状態にしようと考えるようだ」とみる。

●「いつ転職意欲がmaxになるか」AIがグラフ化

 2つ目は、TwitterなどSNS上で転職に少しでもつながるような「不満」をほのめかせた書き込みだ。同社によると、必ずしも「転職したい」「辞めたい」といった直接的なワードを単に検索している訳ではない。例えば、「給料上がらないかな」「相談相手いないのがつらい」などといった間接的な不満や不安をにおわす書き込みでも、「転職可能性を示唆するツイート」として検出される。

 島田さんによると、実際に転職した人の転職前後の書き込みをビッグデータとしてAIに学習させることで、転職したい人特有の文章の傾向を把握して検知しているという。さらには、キャリアイベントへの参加といった転職をにおわせる行動がSNS上で確認されたときにもアラートが鳴る。

 同社はこうしたSNS上での実際の行動分析だけでなく、対象者の条件に合わせた「いつくらいに転職したい気持ちが盛り上がるのか」という予測グラフも作成している。例えば「エンジニア社会人3年目、今は1社目の会社に勤めている人はその後、2~3年で辞める可能性が高い」といった具合だ。やはりSNSから集めた過去のエンジニアたちの転職実績のデータを集め、似た経歴の対象者の転職時期をグラフの上がり下がりで予測する。

 実際には、エンジニアが転職意欲の最高潮を迎えている段階では既に活動を開始している可能性がある。そこでscoutyでは意欲が高まりきる直前あたりを見計らってアラートを企業の人事に鳴らす。企業側は、ひそかに目を付けている採用候補者の「転職意欲が高まってきたが、本格的な行動にはまだ移していない」段階を狙ってスカウトのメールを送ることができる。

 本機能は搭載されてまだ数カ月だが、企業の人事からの評判は上々のようだ。オンラインストアのサービス運営会社などを傘下に持つhey(東京・渋谷)の近藤愛(まな)さんは「これまでは対象者のSNSページを『お気に入り』に登録して自分の目でチェックしていた」と打ち明ける。「エンジニアは特に需給のバランスが難しく、それくらいやらないと企業はいい人材になかなか巡り合えない」(近藤さん)。

 ただ、SNSを人力で巡回してExcelなどで管理すれば膨大な手間がかかる上、対象者がどれくらい今の仕事に不満を持っているか人事が感覚的に判断するのにも限界があったという。「この機能を活用してスカウトのメッセージを送り、既に面談に至ったケースもある」(近藤さん)。エンジニアの転職潜在層に狙いを絞ることで、現在はグループ全体で正社員や派遣などを合わせて約120人の人員を19年3月までに150人に増やす予定だ。

 scoutyによると、どのくらい転職意欲が確実に高まったといえる段階でアラートを鳴らすべきかなどシステムはまだ調整中という。「転職活動はビジネスパーソンにとって大変な作業。『そろそろ仕事を変えてもいいかな』と思ったタイミングにスカウトのメールがくれば誰でも楽に転職ができる」(同社CEOの島田さん)。「勝手に“天職”を見つけ出すAI」の進化は、転職・採用という決して軽くない負担から求職者と企業を解放できるか。

【画像】「AIが天職を探し出す」とうたうscouty。次は「転職したい気持ち」を予測?(同社提供)