【元記事をASCII.jpで読む】

6日の大規模障害の影響で
ソフトバンクは方向転換せざるを得ないのか?

 12月6日ソフトバンクモバイル回線を利用したサービスが利用できなくなるという、大規模な通信障害が発生した。ソフトバンクの発表によると、発生時間は同日の13時39分頃からとのことで、その影響は全国に及んだ。

 影響を受けたのはソフトバンクワイモバイル携帯電話サービスで、データ通信だけでなく音声通話に関しても、利用できない、あるいは利用しづらい状況が続いた。同じくソフトバンクが提供するモバイル回線を用いた固定電話サービスの「おうちのでんわ」や、ブロードバンドサービスの「Softbank Air」も同様の影響を受けたが、ソフトバンクネットワークを利用したサービスはそれだけではない。

 ソフトバンクが提供している公衆無線LANの「ソフトバンクWi-Fiスポット」に関しても、バックボーンに光回線ではなく、モバイル回線を利用しているスポットが一部存在するため、そうしたスポットは利用できなくなっていた可能性がある。

 また、ソフトバンクは一部のMVNOにもネットワークを貸していることから、mineoの「Sプラン」やLINEモバイルなどのソフトバンク回線を用いたサービスでも同様の影響を受けている。

大規模障害は無事復旧したものの……

 その後ソフトバンクは、18時4分頃に障害から復旧したと発表しており、順次復旧が進んでいったようだ。だが、ソフトバンクY!mobileなどを利用している多くのユーザーが、オンタイムである平日の昼間から夕方にかけて約5時間近く、SNSLINE、そして100億円のキャンペーンで話題となった、ソフトバンクヤフーの合弁会社が提供している決済サービス「PayPay」など多くのネットサービスが利用できなくなっただけでなく、電話やSMSも使えない事態に陥ったのは確か。ビジネス、プライベートで大きな影響を受けた人も少なくないだろう。

 執筆時点での発表を見る限り、障害の原因は「LTEに関わる交換機の不具合」と記されているのみ。通信機器のソフトウェアの不具合が影響し、他の海外キャリアでも同様の障害が発生したとの一部報道がなされているが、詳しい内容は今後の調査で明らかにされることになるだろう。現時点で気になるのは、今回の大規模障害がソフトバンク全体の戦略に影響が出る可能性があることだ。

どうなる!? 新規事業への人員配置転換

 ソフトバンク12月19日に、東京証券取引所への上場を予定している。それゆえ今回の障害が上場時の株価に大きく影響するというのはもちろんなのだが、ソフトバンクが現在推し進めている、通信事業から新規事業への人員配置転換にも影響を与えることになるかもしれない。

 これだけの大規模障害を起こした後だけに、ソフトバンクは当面、信頼回復のためネットワーク改善に人員を割かざるを得ず、当初目論んでいた配置転換が進められなくなるだろう。配置転換は今後の料金競争加速に備えてコストを削減する狙いがあっただけに、今回の出来事がソフトバンクの価格競争力低下を招くことにもなりかねないのだ。

 だが2018年の動向を振り返ると、ソフトバンクは大規模災害に起因するもの以外にも、ネットワークやそれに関連する障害や不具合を相次いで起こしている。2月に工事の影響による不具合で固定電話と通話がしづらくなる通信障害が発生。4月にもソフトバンク携帯電話の一部で音声着信が利用できないなどの不具合を起こしているが、9月にはさらに、迷惑メールフィルターの不具合で約1030万通のメールを消失させるという大規模なトラブルまで生じさせている。

 ソフトバンクは前身の1つであるソフトバンクモバイル時代、スマートフォンの急速な普及の影響などによってライバル他社が相次いでネットワークの大規模障害を発生させる中、重大事故を発生させていないとして自社ネットワークの優位性をアピールしていた。だがここ最近は逆に、他社よりも大きな障害が目立つ印象だ。成長を求め新規事業に力を入れるのも重要かもしれないが、生活インフラとして欠かせない存在となったモバイルネットワークインフラの重要性を、ソフトバンクにはあらめて認識して欲しいところだ。


上場を控えたソフトバンクが大規模通信障害で受ける影響