help-2478193_640_e

 誰かが苦しんでいるとき、悲しんでいるとき、何か励ましになるような言葉をかけたくなるのが人情だろう。

 失恋あるいは失業、別離などで、あなたの大切な人が落ち込んでいたら、どんな言葉をかけるのが正解なのか?

 同情の言葉だろうか? 共感の言葉だろうか? それとも大したことない、大丈夫さといった楽観的な言葉だろうか?

 アメリカの研究者が新たに発表した論文によると、苦しむ人を励まし、慰められる魔法の言葉はないようだ。

 ただそこにいて、共感するだけで十分だという。

―あわせて読みたい―

人間はロボットの痛みにも共感することが判明(日本研究)
他の人よりすごくやさしい人がいるのはなぜか?利他的な心は生まれつきのものである可能性(米研究)
仕事がスムーズに進む、人間関係がうまくいく。「共感力」の重要さを理解し明るい未来へつなげよう
テレビゲームで子供の共感力を高めることができる(米研究)
人間は優しくなるように作られた?同情は最も強い人間の本能の一つであることが判明(米研究)

言葉はいらない。そばにいて共感するだけで十分

 アメリカウェイン州立大学のシャウナ・タナー(Shawna Tanner)氏らによると、何かいいことを言おうと頑張ってもほとんどの場合は、「あまりいい結果にならないぎこちない発言」しかできないのだそうだ。

 もしあなたの友人なり家族なりが、あなたを味方だと思っているのならば、「ただそこにいて、共感するだけで十分」だという。

iStock-861080120_e

魔法の言葉はないけれど、耳を傾けてくれるだけで励みになる

 タナー氏らがまず行ったのは、300人以上の学童(10~15歳)が6つの言葉の励ましになる程度を評価した2008年データを再度分析することだ。

 この調査では、それぞれの言葉は、成績が落ちたか、仲間外れにされた人に対して友人が言ったものと子供たちに伝えて、その内容からどのくらい励まされるか答えてもらった。

 それぞれの言葉は、同情したり、楽観的な態度をとったりと、さまざまな励まし方をするものだった。

 調査の結果、子供たち全員から特に強く励ましになると評価された言葉はなかった。

 しかし、より重要だったのは、どの言葉でも、概ね励ましになるとみなされていたことだ。

 つまり、子供たちが励まされると感じるのは、言葉の内容そのものではなく、耳を傾けてくれる人がいるという事実だったのである。

summerfield-336672_640_e

大人・子供・性格の違いを加味しても同様の結果に

 その分析に加えて、今回新しく行われた調査でも、同じ結果が得られている。

 タナー氏らは、今度は大学生54名に頼み、8つの状況における96の言葉の励まし度を評価してもらった。ただし、今回の励ましの言葉は、特定の性格の人にとって特に励ましになるよう念頭に考案された。

 たとえば、楽観的な人を励ますことを想定した前向きに考えるよう促す言葉(「いろいろあるから人生は楽しいんだよ」など)や、社交的な人に向けた仲間がいることを思い出させるような言葉(「君を好きな人はいるし、おかげで僕らと一緒に遊べるじゃないか」など)があった。

 その結果、この特定の性格を念頭に置いた調査であっても、ほかよりも優れて励ましになると学生全員がみなした言葉はなかった。

 これは性格グループごとに分析した場合でも同様で、それよりも学生個々人に負うところが大きかった。

 さらに、もっと現実世界の状況を反映するために、心理学者、大学生、研修医33名にセラピーのビデオを見せて、その中で話される励ましの言葉を評価してもらった。

 ここでも結果は同様で、職業別に見ても、特に励ましになると評価された言葉はなかった。

woman-3254605_640_e

良い言葉をかけようと悩む必要はない

 どんなに慎重に選ばれた言葉であっても、それ自体には普遍的な励ましの効果はない。

 むしろ、おそらくはかなり複雑な理由によって、誰が支えとなり、どんな言葉が心を癒してくれるのかについて、私たちにはそれぞれの好みがある。

 その好みを知るには、もっと現実的な状況や文化の違いなど、さまざまな事柄を加味した研究が必要になってくるだろう。

 だがひとまず今のところは、大切な人にどんな言葉をかけるべきか悩んでいる人は、そんなに心配しなくてもいいということを覚えておいてほしい。

 あなたのそうした態度がすでに支えになっているのだ。

この研究論文は『Basic and Applied Social Psychology』に掲載された。

References:New research finds there is no “right thing” to say when you want to be supportive – Research Digest/ written by hiroching / edited by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52268325.html
 

こちらもオススメ!

―料理・健康・暮らしについての記事―

世界初。中古品やリサイクル品だけしかないショッピングモールが誕生(スウェーデン)
あの人って実はサイコパス?科学が教えてくれるサイコパスを見分ける方法とその付き合い方
人は年を取ると自分がついた嘘を本当のことと思い込むようになる(米研究)
狭くなった気道を静かにそっと広げる。画期的ないびき防止アイテム「スマート・ノラ」がナウオンセール!
どういう人が夢を見やすいのか?性別・年齢・性格など6つの要因から分析した夢を見やすい人

―知るの紹介記事―

げに恐ろしきは植物かな。他の植物を絞め殺しながら成長していく「絞め殺しの木」
世界初。中古品やリサイクル品だけしかないショッピングモールが誕生(スウェーデン)
あの人って実はサイコパス?科学が教えてくれるサイコパスを見分ける方法とその付き合い方
同一人物とは信じたくない。豹変にもほどがある、女性の変顔比較写真
室温で簡単に金を溶かす方法が考案される(スウェーデン研究)
人の支えになりたいとき、良い言葉をかけようと思わなくてもいい。ただ共感するだけでいい(米研究)