「世界最悪の人道危機」が続くイエメン内戦の終結を目指し国連が仲介する和平協議が6日、スウェーデンの首都ストックホルム近郊リンボで始まった。ロイター通信などによると、サウジアラビアが支援するハディ暫定政権と親イランイスラム教シーア派系武装組織フーシの代表者が、戦闘中に拘束した捕虜の交換で合意した。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら