黒田東彦日銀総裁は7日の衆院財務金融委員会で、米中貿易摩擦などで世界経済への先行き懸念が強まっていることに関し、「現時点で追加金融緩和が必要になるとは考えていない」と述べた。

 7月末の金融政策修正については「ステルステーパリング(隠れた緩和縮小)では全くない」と強調し、「事実上の正常化」との見方を否定。国債取引が回復しているとして「一定の成果を挙げた」と訴えた。