【ワシントン時事】米中間選挙で未確定だった下院の西部カリフォルニア州第21選挙区で6日、共和党候補が敗北を認めた。民主党の議席は選挙前の195(欠員を含む)から40増え、235となった。2000年以降の中間選挙では、10年に共和党が記録した63議席増に次ぐ大勝となる。

 一方、当初共和党の勝利とされた南部ノースカロライナ州第9選挙区は不正投票の疑いで調査が行われ、主要メディアが当確判定を取り消した。共和党の議席は199。最後の1議席をめぐって再選挙が行われる可能性もある。