櫻井翔

6日放送『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)で、嵐・櫻井翔(36)が20年来の友人でもある俳優・妻夫木聡(37)とサシ飲み。盛り上がる中、将来の展望を熱弁した際に意外な人物への憧れを吐露、ファンを騒然とさせている。

 

■嫉妬する相手を激白

櫻井が18歳の頃、初めてのドラマで共演した「芸能界で初めての友人」が妻夫木。この日の放送では2人がサシで酒を酌み交わし、本音を語り合う。

渋谷のカラオケで嵐を熱唱した過去など、当時を懐かしみながら2人の会話は弾んでいく。

話題は「お互いが嫉妬する相手」に。櫻井は「20代前半は嵐のメンバー内がライバルと思っていた。ドラマにいっぱい出てるニノ(二宮和也)とか」としながらも「今はまったくない。4人はライバルじゃなくて仲間。ライバルグループの外にいっぱいいる」と明かした。

妻夫木は同世代俳優で共演経験もある個性派俳優・窪塚洋介と比べられることが多かったと口にし、「俺は無個性で窪塚は強い個性だから」とその理由を語った。

 

■将来の展望

後半、2人の共通の友人でもある佐藤隆太(38)がサプライズで登場。カタコトでのやりとり、佐藤イジリなど3人ならではのノリで場はさらに盛り上がる。

終盤、3人は「50歳の時、どんな仕事をしているイメージか?」将来の展望を語り合う。

佐藤は「不安になるからあんまり考えないようにしている」、妻夫木はアカデミー賞や高視聴率など「形としての結果は後からついてくるモノ。欲を持つとそういう芝居になる」と告白。

考えないように、なるように、自然に将来を迎えたい2人から櫻井にも同じ質問が飛ぶ。

■櫻井が憧れる人物は…

「どこにでも行きそう。一般の人にもなれるし滝沢秀明みたいに裏方に回ったり、キャスターもやれる」と櫻井を評す妻夫木に対し、櫻井は「『夜会』をやってる中で、究極的にこの生きかた最高と思っている」人物を口にする。

櫻井がいま最も憧れる人物は長嶋一茂ハワイに10日間行って日本に戻ってきて仕事をする一茂のスタイルに憧れ、「極端に言えば2週間働いて3ヶ月休むって働き方。そういう生きかた、スゴイ素敵だなって最近思う」と熱弁。

櫻井の憧れが一茂と聞き驚いていた妻夫木と佐藤だが、理由を聞いた妻夫木は納得。「何が幸せか考えたとき、人から必要とされることだと気づいた」妻夫木は、必要とされる存在の一茂に憧れる気持ちを理解したようだ。

 

■ファンは騒然

櫻井の「一茂に憧れる」発言にファンも騒然としている。

納得する声が大半だったが、櫻井をメディアで定期的に見続けたいファンからは「やめて欲しい」と願う声も目立っていた。

50歳を迎えた時、櫻井が憧れの一茂のようになれているかはわからないが、ファンはそれを望んでいないかもしれない。

・合わせて読みたい→嵐・櫻井翔ってどれくらいイケメン? 世間のリアルな声は…

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

嵐・櫻井翔が「嫉妬するメンバー」激白 最も憧れる意外な人物は「究極的に最高の生き方」