お腹も心も喜ぶ、缶スープ

 寒い季節、冷えた体を温めてくれるホットドリンクの中でも、お腹まで満たしてくれる1本といえば、「缶スープ」ですよね。でも、自販機でも買えるのはせいぜい「コーンスープ」と「おしるこ」だと思っていませんか? 実は今年、缶スープバリエーションが一気にパワーアップ! 洋食屋も驚くような、本格スープまで登場しています。

 そこで今回は、自販機コンビニで買える「おいしい缶スープ」を6品厳選してご紹介したいと思います。

◆①ビストロボス(サントリー食品インターナショナル115円(税抜)

玉ねぎビーフの旨み、スパイシーコンソメスープ/コク旨い、粒たっぷりコーンスープ

 サントリーの「BOSSシリーズから、新たなラインナップとしてスープシリーズ「ビストロボス」が登場しています。種類としては、王道のコンソメスープコーンスープの2種で、自販機限定商品。いずれもコーヒーで培った“深いコク出し技術”を使っているそうです。一口飲むと、確かに濃厚でインパクトを感じる味わい。濃厚テイストが好きな男性にもウケそうですし、2本買って「どっちにする?」と提案するのもおいしいデートシーンを演出できそうです。

◆②濃厚デリ オニオングラタンスープ(ダイドードリンコ)115円(税抜)

 続いては、フレンチ・ビストロなどで人気の「オニオングラタン」を缶スープとして楽しめるダイドーの新商品。家庭ではなかなか作れないような“ひと手間感”や“あめ色玉ねぎによる濃厚感”がおいしさのポイントになっています。こんな贅沢スープが缶で味わえるなんて、本当にいい時代になったなあとつぶやいてしまうほど、幸せ感たっぷりなスープ。リピート欲を確実に高めてくれる実力派です。

◆③じっくりコトコト 濃厚デミグラスープポッカサッポロ160円(税抜)

 カップスープで人気のポッカサッポロ「じっくりコトコト」シリーズからは、玉ねぎトマト、赤ワインビーフの旨みが加わった「デミグラスープ」が新登場しています。おいしさのポイントは、大人の味覚を刺激する“焦げ感のある後味”。ちょっとリッチで、しっかり濃厚なスープが好きな人にはピッタリのスープでしょう。

◆④気仙沼産ふかひれ使用 ふかひれスープJR東日本ウォータビジネス140(税込)

 JR東日本のエキナカにある「アキュア」の自販機で販売されているのが、高級中華食材「ふかひれ」を使用した贅沢スープ。気仙沼産のふかひれ粉末を使っており、1缶に含まれるコラーゲンは1000mg。チキンしいたけの出汁をベースに、にんにく、生姜、オイスターソースごま油などを加えて仕上げたスープは、他商品とは一線を画する味わいです。忙しい電車移動にリッチな癒しを与えてくれる存在です。

◆⑤とん汁(伊藤園)130円(税抜)

 最後にご紹介するのは、日本が誇る和スープ「とん汁」。具材として豚肉は入っていませんが、コクのあるポークオイルを使用。じゃがいもごぼうこんにゃくの3種類の具材がたっぷり入った味噌汁になっています。洋スープよりやっぱり和! という人に、間違いない一本でしょう。

※価格(税抜および税込)は公式サイトに記載のものです。

<文、写真/スギアカツキ