みなさんは、彼氏からたくさん「会いたい」とか「好きだよ」と言ってもらえたり、キスとかハグなどの愛情表現をしてもらっていますか?こういった言動をなかなか与えてもらえなくて悩んでいる女性は意外とたくさんいます。男性の愛情表現は女性とは異なる部分があるため、直接的な言葉がなくても、愛されている証拠となる行動はあります。今回は、言葉以外からわかる彼氏の愛情表現をご紹介していきます。また後半では、彼氏からの愛情表現がないと悩む女性に向けて、彼氏から愛されるための秘訣についてまとめてみました。ぜひ参考にしてみてください。


過去のことを覚えている

あなたの彼氏は、あなたと過去に行ったデートや、過去の発言、会話の内容などを事細かく覚えてくれているでしょうか。たとえ、「好き」とか「かわいい」とかいう愛情表現を日常的に言葉にしてくれない彼氏であっても、過去ことを覚えてくれていたら、それはあなたのことを愛しているという証拠です。ためしに、普段の会話でさりげなく「そういえば、初デートの時に・・・」なんて思い出話をしてみましょう。彼氏がその話にのってきたり、あなたも覚えていないようなことを覚えてくれていたとしたら、言葉での愛情表現はなくても彼はあなたのことが大好きだということです。


送り迎えしてくれる

飲み会や友だちと遊びに行ったとき、仕事の帰りが遅くなるときなど、彼氏が送り迎えをしてくれることはあるでしょうか。送り迎えは、彼の愛情表現があらわれやすいポイントです。特に、夜遅くに家に帰るときは、彼女のことが大好きであれば自然と迎えに行きたいという思いがわいてくるはずです。こちらから頼むまでもなく、彼氏が「迎えに行くね」と言ってくれるようであれば、それは彼氏なりの愛情表現ですので、彼氏からの愛情をたっぷり受けている証拠でしょう。自信をもってよさそうです。反対に、夜遅くなるから迎えにきてと頼んだにもかかわらず、「めんどくさい」などの理由で迎えにきてくれなかったとしたら、それはあなたへの愛情が冷めてしまっている可能性も否めません。


「好き」と言ったら「好き」と返ってくる

あなたが彼氏に「好き」といった時、彼氏はどういう反応をするでしょうか。間をあけることなく、すぐに「俺も好きだよ」という言葉が返ってくるようであれば、心配ないでしょう。彼は少し恥ずかしがりやで、自分から好きというなどの分かりやすい愛情表現はあまりないかもしれませんが、ちゃんとあなたのことを愛してくれています。また、好きという言葉は返ってこなくても、うれしそうな顔をしたり、照れながら「ありがとう」と言ってくる場合も愛情表現のひとつですので大丈夫です。ただし、「うん」と一言返ってくるだけだったり、表情が変わらないまま「俺も」など曖昧な返しをしてくるときには注意が必要です。


愛情表現の理想は「待つ」のではなく「自分から」

それでは、今上記のような愛情表現をされていないという方は、彼氏から愛される彼女になるために何をすればよいのでしょうか。最初に言えることは、やっぱり恋愛関係というのは持ちつ持たれつ、ギブアンドテイクの関係ですから、彼氏にしてほしいと感じることがあるのなら、まずは自分から相手に対して愛情表現をしてあげることが一番の理想です。だから「会いたい」や「好き」と伝える女性は、そのぶんたくさん彼からも「会いたい」と言ってもらえているし、キスをはじめとする愛情表現だって同じです。愛されたければ、まず自分から行動を起こしてみましょう。


彼がしてくれた行動や言葉には、素直に喜ぶこと

次に、必ず実践するようにしてみてほしいのは、彼氏が与えてくれた愛情表現に対して、ちゃんとその場で誠実に受け止めることです。せっかく「好き」だとか「かわいいね」だとかを言ってくれたのにも関わらず、反応がおざなりでは当然、「なんだよ……。せっかく気持ち伝えてあげたのに」と拗ねてしまいます。恋愛において「与える」ということは、決して見返りを求めるものではありません。そうは言いつつも、相手が愛情表現を嬉しそうに受け取ってくれないと、悲しく、やるせない気持ちになってしまうものです。彼氏に与えてもらったときに、「ありがとう」といちいち伝えたり、あるいは言葉じゃなくても、嬉しそうな表情をするなどしてちゃんと受け止めるようにしましょう。


恋人にされて嬉しかったことを、そのまま真似する!

人によっては、「自分から愛情表現するのはなかなかむずいよ」という前提があるのかもしれません。その場合は、できる範囲で相手の言動や見た目を真似するのがよいでしょう。「真似する」というのは、褒めるよりも、「ありがとう」と伝えるよりも、相手の行動に対して一番強力な「いいね!」のメッセージを送ることができます。彼氏のファッションを「それかっこいいね」とただ褒めるよりも、彼氏が好きなブランドの服を「私も買いたい~!」と言う方が、彼を肯定している感じがより伝わります。彼が会ったときに「好き」とか「かわいい」とか愛情表現をしてくれるなら、できれば真似して同じように言うこと。


おわりに

あなたの彼氏は、言葉以外の愛情表現をしてくれていたでしょうか。男性は女性に比べて、言葉での愛情表現は少ない傾向にあるため、それを不安に思う女性も多いでしょう。でも、今回紹介したような行動を彼氏がとってくれているなら、それは彼なりの愛情表現ですので、大丈夫です。ただ、言葉以外の愛情表現もされていないという方は、良い関係を築くためにはあなたの努力も必須です。彼氏から愛される存在になるために、まずはあなたから積極的に彼にはたらきかけてみることをオススメします。

彼なりの愛情表現って?愛されている証拠と愛されるための秘訣