仮想通貨価格の暴落という「洗礼」を浴びた「カソツー」大学対抗戦。どうにか落ち着きを取り戻しつつあるものの、悪材料は出尽くしたのか――。「底」の見極めが今後を左右しそうな気配だ。

そういった状況を、早稲田大学のTKHは冷静に分析。ここは静観。明治大学のホフマンも、2019年の相場を見据えて動かず。リップル(XRP)を保有し続ける慶応義塾大学の馬医金満は1万円割れに焦る。國學院大學の億トレーダーは暴落相場に挑み続けて......

とりあえず、ひと段落ついたのか?(早稲田大学)

今週(2018年11月26日週)はとりあえず、ひと段落ついたのか。仮想通貨は新しい金融資産なだけに、ひと度相場が荒れ始めると、どこまでいくのかまったくわからなくなってしまう。

それでも2019年は、より大規模な大企業の資金流入が見込めるから、今年よりかはいい年になると思ってはいるが、春の訪れはまだまだ遠いものと、今週(11月26日週)の相場で改めて実感した。

今週、BTC(ビットコイン)は一時40万円台を割り込んだものの、現在は48万円近くで推移している。とはいえ、この激しいボラティリティ(変動)の下では、常に警戒して臨まなければいけないのは間違いない。2週間前は63万円台にあったビットコインは、たった5日間に暴落に暴落を重ね30万円台に突入。その後反発して現在の価格に落ち着いてはいるものの予断を許さない状況にある。

ポジティブにとらえるとするならば、一度は30万円台に下落して回復している今、長かった下落基調は終わりに近づき、本格的な上昇に転ずると考える。とはいえ、ここ1週間の暴落は市場から多数の投資家を追い出すには十分すぎるほど痛いものだった。

仮想通貨市場には良くも悪くも市場を買い支えていた数多くの投資家の存在がいたが、バブルとなった2017年に参入した彼らは、この下落に対して寛容的ではいられないはずだ。そして、市場はゆるやかに賛同者を獲得していき盛り返す。この先ボラ(変動)がある程度収まったら、そういったシナリオを描いてトレードをしたい。

保有する通貨  なし
前週からの損益 プラス・マイナスゼロ
11月30日現在 1万123円

上げか下げか、どっちだ!(明治大)

こんにちは。寒さをしのぐために辛いものを食べたら、お腹を壊したホフマンです。

さて、2週に渡った暴落も今週(11月26日週)で一たんは落ち着いたように思う。暴落が始まった際に、静観という選択肢をとっていたが、仮想通貨市場にいる人の大半が上昇予想で、その期待に反して起きた暴落だったため、最初の下落が始まって、揉んだあとに、「売り」で追いかけてもよかったのかなと少し思った。

でも、当時はこれだけ暴落しているし、ボクが「売り」を入れた際に、上昇するかもしれないと考えて、怖くて売りができなかったのも事実です。ここからどうしようか――。悩んだのだが、下げ目線で考えていくことにする。

理由は、今回の暴落がきっかけだ。この暴落から受け取れるメッセージとして、機関投資家が、仮想通過というマネーゲームから一時離れたように思える。おそらく2019年は、仮想通貨はひたすら、技術を進歩させていく年になると思うのだ。その1年間に、ゆるゆると下がる相場から人がどんどん離れて行き、仮想通貨の値段は下がっていくのでは、というのがボクの考えだ。

なので、ETH(イーサリアム)が1万7000円に価格が戻った際に、オールインで売りを出そうと思う。

保有する通貨   なし
前週からの損益  プラス・マイナスゼロ
11月30日現在  1万450円

もう自己暗示をかけたい!?(慶応大)

こんにちは。馬医金満です。執筆時点(11月30日)で、XRP(リップル)の価格は40.5円となっており、資産はトータルで1万26円まで減っている。

やべーー!!! 仮想通貨のチャートは本当に読めない!!!

精神衛生上よろしくないので、直近のXRPのポジティブなニュースをひとつ紹介して、自己暗示をしようかなと思う。なんか、負け惜しみのようだが......

こちらマネックス仮想通貨研究所の「リップルが時価総額2位を維持、過去最長記録を更新」(11月30日付)の記事なのだが(ちょくちょくここのニュース見ています)、XRPがETH(イーサリアム)を追い抜いて15日間、仮想通貨の時期総額が2位に浮上しているという。

伝統的な金融機関との提携など、自社のネットワークであるリップルネットの拡充を積極的に進めているようなのだ。

だったら値段ももう少し上がってくれ~~~~(泣) 

XRPは、来週もこのままホールド(保有)してまた様子を見ようと思う。もう底値なんで! 底値!!! 絶対来週上がります!!!

保有する通貨  XRP
前週からの損益 マイナス503円
11月30日現在 1万26円

「底」は近い! 来週は絶対に「買い場」になる(國學院大)

11月26日(月)

前日はボラティリティの大きい1日で、一時XRP(リップル)が35円台になったが、終値では戻ってきて、ひとまず安心。今週は保有しているXRPを売却するのではなく、新たにXRPの購入を検討したいと考えている。下落の終わりが見えてきたなと思ったところで購入したい。

この日のレンジは1XRP44円台から38円台だった。また、一目均衡表(テクニカル分析の一つ。基準線と転換線、遅行スパン、先行スパン1と先行スパン2の5つで成り、先行スパン1と2でつくられる雲と呼ばれる価帯をローソク足と比べて価格水準を判断する)の雲から大きく乖離しており、移動平均線(過去の一定期間の価格平均をチャートに示したもの)からも日足で見ると離れているので、きょうは今のポジションを保持したままにしようと思う。

11月27日(火)

この日はXRPのボラティリティが小さい1日だった。レンジは41円台から38円台。比較的買い優勢で出来高は少なかった。

11月28日(水)

きょうは買い優勢で、比較的出来高の多い1日。XRPのレンジも40円台から45円台と4日ぶりに45円台をつけた。日足の移動平均線に触れており、上昇が期待できそうである。

11月29日(木)

XRPのレンジが44円台から42円台で、比較的ボラティリティが小さい1日。終値は42円台だったので、「底」が近い気がした。

11月30日(金)

XRPのレンジは43円台から39円台と、ボラティリティはきのうに比べると大きかった。終値は40円台と前日比で下落。相場がだいぶ固まってきてボラティリティが小さくなったので、そろそろ相場が反転する気がした。来週は絶好の「買い場」になると予想する。

保有する通貨  XRP
前週からの損益 マイナス333円
11月30日現在 8002円

価格暴落の後に……