男性TakakoWatanabe/iStock /Getty Images Plus/写真はイメージです)

タレントの女性らに性的暴行を加え、現金を奪うなどした罪に問われている芸能事務所社長だった男の初公判が始まった。インターネット上では、男の供述に対し、「自分勝手」「闇が深い」など批判の声があがっている。

 

■男は起訴内容について否認

報道によると、東京・杉並区の芸能事務所の社長だった男は、2016年から去年にかけて、事務所の従業員やタレントの女性ら5人に対して性的暴行。けがをさせ、現金を奪うなどした罪に問われている。

6日に行われた初公判では、男は「暴行や脅迫などしていません」と起訴内容について否認。弁護側も「性行為も金の受け渡しも合意の上で行われたもので、暴行や脅迫はなかった」と無罪を主張したという。

検察側はこれに対し、「殴るなどの暴行を加え、『親を殺したりできる』などと脅迫した上で性的暴行に及び、その際、写真や動画を撮影していた被害者が涙を流す様子も残っていた」などと指摘したとのことだ。

 

■ネットでは男に対する批判の声

今回の放送を受け、女性向け匿名掲示板ガールズちゃんねる』では、被告の男に対する批判の声があがっている。

「被害者が複数な時点で言い訳は通じない」

 

「なんでタレント側が社長にお金渡さなきゃいけないの。合意なんてあったわけないでしょ」

 

「芸能事務所社長が、女性タレントの金を奪うってどういうこっちゃ」

 

「合意の上ってさ、勝手な言い分だよね」

 

男が公判でした供述に、「合意なんてあったわけがない」「勝手な言い分」など納得がいかないというようだった。

 

■芸能事務所に「怖い」印象を持つ人も

また、芸能事務所の社長が所属タレントに危害を加えて逮捕される事件が多いというイメージを持っている人も多いよう。

「芸能界は闇が深いな…」

 

「芸能事務所って怖いんだね。ろくなニュースがないじゃない」

 

「芸能事務所ってそこまで数ないのに(知らんけど)、変な社長多すぎん?」

 

「こないだのパワハラ鍋も芸能事務所だったよね」

 

コメントの中には、「芸能界は闇が深い」「ろくなニュースがない」などといったものが見られた。

芸能事務所社長が所属タレントの女性らに性的暴行を加えるなどした今回の事件。一刻も早く、真実が明らかになることが待たれる。

・合わせて読みたい→無期限活動停止の小出恵介 「違約金」は1億超えもと弁護士が解説

(文/しらべぇ編集部・音無 まりも

芸能事務所社長が所属タレントに性的暴行 その供述に「ヤバすぎる」「闇が深い」