レイズのスネルもツイッターを更新「悲しいよ」

 今季エンゼルス大谷翔平投手のチームメートだったルイス・バルブエナ内野手と、ロッテと横浜(現DeNA)でもプレーしていたホセ・カスティーヨ内野手交通事故で死亡した。複数の米メディアが報じ、エンゼルスMLBの選手たちにも衝撃が走っている。

 バルブエナとカスティーヨは現在、母国ベネズエラのウインターリーグのカルデナレス・デ・ララでプレーし、この日はレオネス・デル・カラカスと対戦。試合後、元ヤクルトカルロスリベロ内野手とともに乗っていた車が事故に遭い、バルブエナとカスティーヨが帰らぬ人となった。

 この訃報を受け、エンゼルスMLB関係者からは哀悼の意が続々と寄せられている。今季までバルブエナが在籍したエンゼルスは公式ツイッターで「元エンゼルスルイス・バルブエナ、そして元メジャーリーガーのホセ・カスティーヨの訃報を受け、深い悲しみを覚えています。この悲しい時間に際して、彼らの家族に心よりお悔やみを申し上げます」と投稿。

 エンゼルスOBで地元テレビ局で解説を務めていたマーク・グビザ氏もツイッターで「ルイス・バルブエナのニュースを聞いて、実に悲痛な思いだ。彼は本当に親切で素敵な人物だった。彼の家族全員にお悔やみを申し上げます。ご冥福をお祈りします、マイフレンド」と哀悼し、サイ・ヤング賞に輝いたレイズブレイク・スネル投手は「(バルブエナが亡くなったニュースを耳にして)悲しいよ。ご冥福をお祈りしますルイス・バルブエナ」とツイッターに記していた。(Full-Count編集部)

今季、エンゼルスで大谷翔平(右)と同僚だったルイス・バルブエナ【写真:Getty Images】