(C)kryzhov / Shutterstock

先ごろ放送の『ベストヒット歌謡祭2018』(日本テレビ系)で、夕食時のお茶の間を凍り付かせる“パンチラダンス”を披露した『AKB48』。そんな彼女たちが『CDTV』(TBS系)に登場し、今度は違った手法でパンツを見せたと話題になっている。

【関連】エッチすぎ!『AKB48』“パンチラダンス”にお茶の間が凍結 ほか

今回披露されたのは『ベストヒット――』でも話題になったパフォーマンスと同じ楽曲『NO WAY MAN』。衣装も前回披露時と同じく白とグレーミニスカ衣装で、K-POPグループに対抗したという“グループ史上最高難度”の高速ダンスに挑んだ。

メンバーVTRで楽曲の見どころなどを解説し、その後、いよいよパフォーマンス映像へ。一同は黒を基調としたスタジオに並んでおり、照明も暗めで“クール”な雰囲気が醸し出されていく。

 

『AKB48』スカートの中身が床に反射!?「 過激演出」に興奮!

不健全スレスレの“パンチラマルチアングル”

さらに、スタジオの床は黒色で光沢を帯びていたため、照明の暗さと相まって鏡のような役割に。当然、メンバースカート内もうっすらと反射することになり、正面と床の“マルチアングル”でパンチラを披露するパフォーマンスとなった。

ネット上では、

《これ放送事故だろ》
《深夜番組だとさらに過激なパンツ見せするんだな…》
《上下から常にパンチラ状態www
《やっぱり48Gはこうでなくちゃ》
《みんな床にパンツ写ってるじゃん!》
《どうせ見せパンだろうけど豪快だな》

などといった書き込みが続出。あまりの見えっぷりに、ファンも興奮を抑えきれなかったようだ。

「『AKB』は初期からパンチラオタクを釣ってきましたが、下からも見せるとは『不健全』と言われるギリギリを突いてきましたね。まるで、ノーパンの女性店員が鏡張りの床で接客をした昭和の昔の『ノーパン喫茶』のような演出は、秋元康氏ならではの天才的発想と言えるでしょう」(アイドルライター

深夜ならではの過激なパフォーマンスに、ファンもさぞ満足したことだろう。

 

(C)kryzhov / Shutterstock