中国の習近平国家主席は7日、北京を訪れている北朝鮮の李容浩外相と会談した。新華社通信によると、習氏は「朝米双方が互いに歩み寄り、互いの合理的な関心事に配慮を示して、朝鮮半島の平和的な対話プロセスを進展させてほしい」と米朝対話の進展を促した。習氏自身の訪朝については触れていない。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら

中国の習近平国家主席=AP