Windows 10ミニTips」は各回の作成時点で最新のWindows 10環境を使用しています。

Windows 10には、アプリエクスプローラーの背景を白/黒に設定できる、ライト/ダークモードが備わっている。今回はこの簡単な切り替え方法を、タスクスケジューラで切り替えるWindows PowerShellスクリプトと合わせて紹介しよう。
スタートに項目をピン留めする

Windows 10バージョン1607(Anniversary Update)から、アプリダークモードサポートし、バージョン1809(October 2018 Update)ではエクスプローラーも対象に加わった。

多くの読者も好みに応じて選択していると思うが、筆者も普段からダークモードを愛用している。だが、外出先で2in1 PCを使う際、ディスプレイの輝度を調整してバッテリ駆動時間を伸ばそうとすると、ライトモードの方が見やすいことが多い。

Windows PowerShellスクリプトを実行する

上記手順で素早くダークモードライトモードを切り替えられるが、日中はライトモード、夜間はダークモード(もしくはその逆)に自動変更できると便利ではないだろうか。そこでWindows PowerShell(以下PowerShellスクリプトタスクスケジューラを組み合わせた自動化を紹介する。

このようにPowerShellスクリプトの準備を終えたら、次はタスクスケジューラの操作だ。

これでPCが起動してユーザーサインインしている状態になると、指定した時刻に各PowerShellスクリプトを実行する。ただし、Windows 10 バージョン1809のエクスプローラーウィンドウ内が正しく反映されないため、その際は1度閉じて開き直してほしい。

阿久津良和(Cactus)
阿久津良和)

画像提供:マイナビニュース