A.I. ベースの動画クリエーター向けマーケットプレイスであるモーションエレメンツ(本社:シンガポール CEO マーク・サン)は、2018年12月10日付で日本マーケットに代理店制度を起用し、日本市場への販売強化のため株式会社ボーンデジタルと販売代理店契約したことをお知らせします。

モーションエレメンツは、株式会社ボーンデジタル(以下ボーンデジタル)のネットワークを通じ、より顧客のニーズを鑑み、利便性が向上されたサービスを提供することで日本市場における認知拡大と法人顧客への販売強化を目指します。

ボーンデジタルは、デジタルコンテンツ制作に関わるクリエイター支援のため、ソフトウェア販売事業と出版事業を中心に多様なサービスを提供しています。特にソフトウェア販売では、Adobe社のプラチナリセラーでもあり、多数の業界標準のクリエイティブツールの販売実績があります。




この販売代理店契約により、ボーンデジタルはモーションエレメンツの法人プランと定額制プランの代理店限定プランの販売を担うことになります。
この代理店限定プランでは、請求書払いに対応しているのはもちろん、無料素材の無制限ダウンロード、複数人で素材共有が可能なライセンスの発行やサブアカウント機能、お好きなメディアタイプだけをお好きなだけダウンロード出来る定額制プランなど、オンラインサイト上では扱っていないプランの提供をいたします。

もちろん購入された素材は、ロイヤリティフリーライセンスなので、追加料金は無しで永久的に何度でも、世界中のどのメディアでも安心して商用利用頂けます。



モーションエレメンツのCEO、マーク・サンは以下のようにコメントしています。
「モーションエレメンツの豊富で安心なコンテンツと、日本におけるボーンデジタルの動画制作業界で培われた知識とノウハウを組み合わせることで、相乗効果がもたらされるでしょう。モーションエレメンツは、この業務提携を通じ、お客様に最適なサービスを提供することで、日本市場における法人顧客の満足度の向上につながることを期待しています。」

ボーンデジタル代表取締役、村上氏はこのようにコメントしています。
「ボーンデジタルクリエイターの支援という観点に立ち、お客様に役立つ製品・サービスの提供を考えております。モーションエレメンツ製品を取り扱うことにより、更なるクリエイターの支援に繋がることを期待しております。」

この販売代理提携により、モーションエレメンツは顧客の用途に合わせたサービスと料金体系を提供できるようになり、日本市場において新たな顧客獲得と満足度の向上を目指します。


株式会社ボーンデジタルについて
1995年の設立以来、ソフトウェア販売事業と出版事業の二本柱を中心に、映画・ゲーム・アニメ・CG・Webなどのデジタルクリエイターの支援を目的とする会社です。ソフトウェア販売事業では、Autodesk社のMaya3ds MaxAdobe社のAdobe Creative Cloudを始め、業界標準のクリエイティブツールを多数販売。技術サポートはもちろん、トレーニング、機能・ユーザ事例などを紹介するセミナーも実施しています。 出版事業では、CG・映像クリエイターのための月刊誌『CGWORLD』や様々な技術書、アートブックも刊行。
https://www.borndigital.co.jp/

モーションエレメンツについて
A.I. ベースの動画クリエイター向けマーケットプレイス。クリエイティブなバックグラウンドを持つ創業者により設立されたモーションエレメンツは、世界中の動画クリエイター向けに動画素材、BGMAfter EffectsApple Motion、Adobe Premiere ProMotion GraphicsテンプレートGIFアニメーションなど3,000,000点以上の素材を提供する、A.I.検索システムなどを利用したマーケットプレイスです。サイトはもちろん日本語にも対応し、日本人のカスタマーサポートチームもおり、安心してご利用戴ける充実したサービスを提供しています。また、KK Fund、Incubate Fundそして500 Startupsなどから出資を受けております。
https://www.motionelements.com/ja/

ご質問やその他お問い合わせはこちらからご連絡下さい。

問い合わせ
担当: 佐藤大介 / モーションエレメンツ
Email: daisuke@motionelements.com

配信元企業:MotionElements. Pte. Ltd.

プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ