アスレチックスから1巡目指名を受けたオクラホマ大のカイラー・マレー

 今年のドラフトアスレチックスから1巡目(全体9位)指名されたオクラホマ大のカイラー・マレー外野手2018年の公式戦で51試合に出場し、打率.296、10本塁打47打点の成績を残し、将来を有望視されるアスレチックス期待の星だ。

 その一方でマレーアメリカンフットボールでもドラフト指名が確実されるスーパースター候補だ。同大のクォーターバックを務め、今季はパスで4053ヤード、ランで892ヤードを稼ぎ、51のタッチダウンを決めた。そして、大学アメフト界の最優秀選手賞である「ハイズマン賞」に輝いた。

 来年、MLBと並ぶ米4大スポーツNFLからのドラフト指名があるかにも注目が集まり、先日には「アメフトと野球両方でプロでプレーしたい」とコメントしていたマレーだが、その代理人を務めるスコット・ボラス氏は米メディアに対し若き至宝は「野球に専念する」と語っている。
 
 米スポーツサイトファンクレド・スポーツ」のジョン・ヘイマン記者は自身のツイッターで、ボラス氏が語ったコメントを紹介。それによると、ボラス氏は「我々は彼が1年間、大学でアメフトプレーできるよう契約規定について交渉した。彼は感謝しており、アスレチックスとの契約を光栄に思うだろう。そして偉大なMLB選手を目指す。多くの選手が両方をやりたがる中、彼はなぜ自分が野球に専念するのか、その理由を理解している」とし、マレーは野球の“一刀流”としてプレーする見通しを明かした。

 今年、大谷翔平投手のベーブ・ルース以来となる“投打二刀流”に湧いたアメリカ。果たして、マレーによるMLBNFLの“二刀流”は現実のものとなるだろうか。(Full-Count編集部)

アスレチックスから1巡目指名されたカイラー・マレー【写真:Getty Images】