(画像は金子千尋公式Twitterスクリーンショット

オリックスを自由契約となり、日本ハムへ移籍した金子千尋投手が10日、札幌市内で入団会見を行い、登録名が変更されることを発表した。

 

■登録名を変更

金子投手は、2014年沢村賞MVPを獲得。2006年からの13年間で120勝(78敗)をあげている、球界を代表するエースだ。

しかし、2015年からの4年契約が終了。NPB野球協約が定めた減額制限(年俸1億円超は40%が上限)を超えるダウン提示を受け、球団との交渉の末、自由契約となった。

移籍に伴い、登録名は「金子千尋」から「金子弌大」に変更。普段は見ない漢字へと変わったが、読み方は「ちひろ」だ。

名前を変更した理由については、「風水の先生から『この名前をつけた方がいい人生になる』と言われたので、迷わずこの名前にした」と説明。金子投手は「35歳、ルーキーの気持ちで頑張ります」と意気込みを語った。

 

■神隠しにあってる…?

「千尋」から「弌大」になった金子投手。千尋という名前が変わったことから、『千と千尋の神隠し』を彷彿させ「神隠しにあった?」などとツッコミが殺到。

金子弌大で千と千尋思い出したのはみんな同じか」

 

「尋→大は分かるんだけど、千→弌(一)は、999が神隠しにあってる」

 

「千と弌大の神隠し? 金子千尋改め金子弌大さん北海道で頑張ってくださいな」

 

■「読みづらい」との声が殺到

親しみのある千尋からの改名し、普段見ない漢字になってしまったことから読みづらいという声も多数見られる。

金子弌大…弌大…ちひろ…読めねえなぁ…読めねえよぉ…」

 

金子千尋金子弌大に登録名変わるの? 陽仲壽並みに読めない!」

 

「分からずに『にだい』って読んでしまった」

 

移籍を機に心機一転した金子投手。プレーするチーム、さらに名前が変わっても投手としての活躍を期待したい。

・合わせて読みたい→宮崎駿が長編映画に復帰へ 「大仁田厚並の引退詐欺」との声も

(文/しらべぇ編集部・Aomi

日本ハム・金子千尋投手が登録名を変更 変更後の名前に「神隠しかよ」とツッコミ殺到