初恋の人ジャスティン・ビーバーの妻となり、幸せな日々を送るヘイリー・ボールドウィン。しかし同時に、一気にアンチを増やしてしまったのも事実である。SNS上で執拗に続くアンチらの心無い書き込みに対して、冷静な態度を保っていたヘイリーだが、ここへきてついに耐えられなくなってしまったようだ。このほど自身のInstagramストーリーで、その苦しい胸のうちを吐露している。

ジャスティン・ビーバー(24)の妻となったことで、その一挙手一投足に注目が集まるヘイリー・ボールドウィン(22)。常にメディアに追い回されるストレスは想像を絶するが、ヘイリーにはそれとは別にもう1つ大きな懸念ごとがある。それはジャスティンの元恋人セレーナ・ゴメスファンらによる、SNS上での終わりなきバッシングである。

10月にセレーナが入院した際には、「ジャスティンが本当に愛しているのはあなたじゃない」「セレーナがこんなことになったのはヘイリーのせい」など容赦ない書き込みが相次ぎ、最近では、ヘイリーがアラビア版『VOGUE』の表紙を飾ったことをInstagramで報告するも、「100%フェイク」「夫がジャスティン・ビーバーだってこと以外、何があるの?」といった辛辣なコメントが寄せられた。

“夫婦”になったことを公表し、米国感謝祭と22歳の誕生日を両家の家族とともにカナダの新居で過ごすなど、充実した日々を送るヘイリー・ボールドウィン。しかし皮肉なことに、自身の幸福度がアップするたびにアンチらの行動はどんどんエスカレート、そしてヘイリーの心の平穏もますます乱されてしまっていたようだ。現地時間8日、ヘイリーはInstagramストーリーでその苦しい胸のうちをぶちまけている。

「仕事や人間関係、そして自分に起こっているポジティブな出来事を、常に誰かにこき下ろされるの。Instagramを開くたびにそんな状態だと、良い精神状態をキープするのは難しいわ。」
「執拗に否定的な言葉を投げかけたり批判する代わりに、もっと愛情や励ましの言葉を綴るべきだと思う。」
「私は人生を楽しんで、幸せに過ごすわ。“あなたは間違ったことをしている”なんて、誰にも非難させないつもりよ。今の世の中は憎悪や苦悩、心の傷で溢れている。これ以上のネガティブな言葉や憎しみ、分裂なんていらないはず。」

ここ1週間ほどInstagramへの投稿を控えているヘイリーは、

Instagramから離れたのは、最良の選択だったわ。離れていると精神状態もいいし、よりハッピーな自分でいられる。Instagramに戻ると、すぐに不安が押し寄せてきて、悲しい気分になったり、取り乱してしまうの。」

とも言い、アンチからの心無いコメントの数々が自身の精神状態に大きく影響していることを明かした。

婚約公表後の9月には、自身に集まる注目について豪誌『Stellar』のインタビューで、

「私自身はそういうことにはあまり影響されていないわ。ネガティブな声は極力無視するように努力することを学んだから。そうすれば、ハッピーな今のこの時期を存分に楽しむことの方にフォーカスできるもの。」

と余裕の発言をしていたヘイリー・ボールドウィン。しかしあれから3か月が経った今、“ジャスティン・ビーバーの妻”であることのプレッシャーの大きさに、改めて気付かされているのかもしれない。

画像は『Hailey Rhode Bieber 2018年9月12日Instagram「new face of @bareminerals」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 c.emma

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト