マンチェスター・シティは11日、メジャーリーグサッカー(MLS)のコロンバス・クルーに所属するアメリカ代表GKザック・ステッフェン(23)の完全移籍での獲得を発表した。契約期間は2019年夏から2023年6月30日までの4年となり、それまではレンタルという形でコロンバスに残留する。

▽なお、コロンバス・クルーは移籍金の詳細に関して明かしていないものの、MLSのGK史上最高額と伝えている。また、イギリスBBC』は700万ポンド(約10億円)と推定している。

▽現在、23歳のステッフェンは2014年から2016年までドイツフライブルクに在籍。だが、トップチームデビューを果たすことはできず、2016年7月にコロンバス・クルーへ完全移籍した。

▽その後、2017シーズンから同クラブの正GKに昇格したステッフェンは持ち味の身体能力を武器にブレイクを果たすと、今季はMLSベストイレブンMLS最優秀GKに選出された。

▽また、アメリカの世代別代表の常連だった同選手は今年初めにフル代表デビュー。同年6月に行われたフランス代表とのフレンドリーマッチでは再三の好守を披露し、1-1のドローに貢献していた。

サムネイル画像