【この記事の動画を見る】

現地時間10日、英国ファッション評議会主催の「ブリティッシュファッション・アワード2018」授賞式がロンドンで行われ、英王室メーガン妃がサプライズで登場した。かなり大きくなったお腹に注目が集まるも、人々の視線を釘付けにしたのは、その掟破りな妃のファッションであった。

その年にファッション業界へ大きく貢献したデザイナーの功績を称える「ブリティッシュファッション・アワード」授賞式。英国ファッション評議会(BFC、ブリティッシュファッション・カウンシル)主催による同イベントは毎年12月に行われ、ハリウッドセレブらも多数出席することで知られる。

現地時間10日には、会場となった英ロンドンロイヤルアルバートホール」に多くのセレブが駆けつけるなか、英王室メーガン妃が特別ゲストとしてサプライズ登場を果たし「ウィメンズウェア・デザイナー・オブ・ザ・イヤー」を受賞したクレア・ワイト・ケラーさんに祝福の言葉を述べた。

クレアワイト・ケラーさんはフランスの老舗メゾン「ジバンシィ」のデザイナーで、女性として初めてアーティステックディレクターに就任した人物だ。今年5月に行われたメーガン妃の挙式の際、妃のウェディングドレスを手がけて以来2人は急接近。同ブランドは現在、“ここ一番”の勝負服として、妃に絶大な信頼を寄せられている。

この日も「ジバンシィ」のドレスを着用しクレアさんの偉業を称えたメーガン妃だったが、デコルテラインが大胆にカットされた、極めて露出度の高いワンショルダーのドレスには多くの人が眉をひそめたようだ。そして妃がチョイスしたネイルカラーにも苦言を呈する人が続出、SNS上はメーガン妃ファッションをめぐり大炎上する事態となっている。

公に禁じられているわけではないが、英王室にはエリザベス女王が良しとしない、いくつかの暗黙の掟が存在する。この日メーガン妃が選んだプラムカラーのネイルもその1つだ。エリザベス女王は「Essie」の162番「Ballet Slippers」というバレーシューズをイメージさせる淡いピンク色がお気に入りと言われており、濃い色のネイルは“御法度”、付け爪もまた「品がない」と女王は忌み嫌っている。

メーガン妃の義姉キャサリン妃はプライベートで赤いペディキュア姿が撮られたことはあるものの、普段は控えめなカラーチョイスし、この暗黙の掟を忠実に守っている。

Twitterには「ことごとく王室の掟を破るメーガンは反逆者!」「王室の一員としての自覚はまるでなし」「エリザベス女王に敬意を払え!」といったツイートが多数あがっており、常にお腹を両手で抱える姿にも「お腹をこんな風に抱える妊婦さんは他に見たことがない」「妊娠アピールには本当にうんざり」と嫌悪感をあらわにするコメント目立った。

この日、会場に設置されたフォトブースでは、クレアさんや英出身の女優ロザムンド・パイクとのスリーショットを撮られたメーガン妃。カメラを意識した“女優メーガン・マークル”を彷彿させるこの動画は、「ブリティッシュファッション・カウンシル」の公式Instagramに数時間ほど掲載されていたのだが、英王室から直接お咎めがあったのであろうか、現在は削除されてしまっている。

今回の「ブリティッシュファッション・アワード」授賞式へのサプライズ出席は公務ではないため、メーガン妃もさほどコンサバなファッションを意識する必要はないと判断したのかもしれない。しかしながら、一旦公の場に出れば世間の注目が集まるのは必至であり「英王室の顔」としてみなされることはメーガン妃自身もわかっているはず。同じ「ジバンシィ」でももう少し肌の露出を抑えたドレスがあったのでは? 数あるチョイスの中からあえてそのネイルカラーを選ぶ? と、妃の判断に疑問を抱く人は多い。

暗黙の掟をことごとく無視し、型破りなファッションを貫くメーガン妃。由緒ある英王室の一員がセレブに混じり写真に応じるという前代未聞の行動も、今頃もうエリザベス女王の耳に届いているかもしれない。

画像は『BFC 2018年12月10日Twitter「HRH The Duchess of Sussex announcing Clare Waight Keller as the winner of the 2018 British Designer of the Year Womenswear Award at the BFC #FashionAwards.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 c.emma

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト