12日、2018 FIFAクラブワールドカップ UAEが開幕。開催国代表アル・アインオセアニア代表のウェリントン(ニュージーランド)が対戦した。

 初出場チーム同士の開幕戦で両チームとも気合十分な試合を立ち上がりから見せた。試合を動かしたのはウェリントン。前半11分、ハーフェーライン付近でボールを奪うと、アンディ・ベバンのパスを受けたマリオ・バルシアが強烈なシュートを突き刺し、先制点を決めた。ウェリントンは続く15分、ベバンのスルーパスに反応したアーロン・クラファムが冷静に左足で流し込み、追加点を奪う。

 44分にウェリントンがまたも追加点を記録。3点先行され厳しい状況となったアルアインだが前半45分、ルーズボールを拾った塩谷司がゴール右隅にシュートを決め、アルアインは1-3で前半を終えた。

 後半開始早々の49分、アル・アインのトンゴ・ドゥンビアが滑り込みながらクロスに右足で合わせ、反撃の狼煙となる得点を決める。しかし、その後はなかなかチャンスを作り出すことができない。

 85分、待望の同点ゴールがアル・アインに生まれる。ベリが反転し右足でシュートを放つと相手に当たったボールゴールネットを揺らし、一時は3点差がついていたが追いつき延長戦へ。しかし延長戦でも勝敗は決まらずPK戦の末アル・アインがPK(4-3)で勝利した。

 アルアインは15日の準々決勝でアフリカ代表エスペランス(チュニジア)と戦う。

スコア
アルアイン 3-3(PK:4-3) ウェリントン

【得点者】
0-1 10分 マリオ・バルシア(ウェリントン)
0-2 15分 アーロン・クラファム(ウェリントン)
0-3 44分 マリオ・イリッチ(ウェリントン)
1-3 45分 塩谷司(アル・アイン
2-3 49分 トンゴ・ドゥンビア(アル・アイン
3-3 85分 マルクス・ベリ(アル・アイン

スターティングメンバ―】
アルアイン
イーサ;アハマド、サレム(38分 アル・アフバビ)、アフメド;ドゥンビア(62分 ディアキ)、カイオ、バルマン、アブドゥラッフマン、塩谷司;エル・シャハト、マロウフ(78分 ベリ)

ウェリントン
バサラジュ;ガリー、ヒラー、イリッチ、スフライフェルス;キャメロン(57分 モロイ)、バルシア、ベバン;ヘンリーシンクレア(80分 キルコリー)、クラファム(74分 ヘイルマリアン)、ワトソン

3点差から追いつき勝利したアル・アイン [写真]=Getty Images