早くも残すところ2週間ほどとなった2018年、今年も多くの映画が劇場公開された。近年は1100本以上の作品が毎年公開され、スケジュール入れ替わりも早いため、観ようと思っていたものがいつの間にか終了していた…なんてことも多いはず。そんな映画好きに朗報!12月15日(土)〜2019年1月10日(木)にかけて、「2018 邦画大忘年会 in テアトル新宿」が開催されるのだ。

【写真を見る】今年話題を集めた邦画がテアトル新宿に集結!(『犬猿』)

このイベントは、2018年に公開された邦画の中から、テアトルが独断と偏見でピックアップした作品を上映するというもの。上映作品は、2館からの公開から奇跡的なヒットを記録した『カメラを止めるな!』をはじめ、どれも映画賞に絡んできそうな作品ばかり。

岡崎京子の人気コミックを行定勲監督が映画化した『リバーズ・エッジ』、今年9月にこの世を去った樹木希林の出演作『モリのいる場所』、松田龍平が『青い春』(02)以来、16年ぶりに豊田利晃作品で単独主演を務めた『泣き虫しょったんの奇跡』、白石和彌監督の『孤狼の血』と『止められるか、俺たちを』など、話題の全18本がラインナップ。また番外編として三木聡監督の『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』も一回限りで上映される。

また上映後には、監督たちによるトークイベントも実施され、行定勲、白石和彌、石井岳龍、沖田修一などなど、日本を代表するビッグネームが集結。さらに『寝ても覚めても』からは東出昌大、『リバーズ・エッジ』からは土居志央梨といったキャストも登壇する予定となっている。

忘年会作品の半券提示で、次回の忘年会作品が1300円で鑑賞できるリピーター割引、5作品鑑賞で、山崎努、窪田正孝新井浩文などのサイン入りグッズなどが抽選で当たるプレゼントキャンペーン、全18作品鑑賞すると、抽選でテアトル新宿の3か月フリーパスがもらえるコンプリートキャンペーンも実施される。

この機会に観たかったけど観逃していたという作品をチェックして、すっきりした気持ちで年末年始を迎えてみてはいかがだろうか?(Movie Walker・文/トライワークス)

見逃していた邦画をテアトル新宿でチェック!