【VW/T-Cross 】パワートレーンはガソリンが3種類、ディーゼル仕様が1種類。先進安全装備も充実で、歩行者モニタリング、自動ブレーキシステムなどを標準装備している
【VW/T-Crossパワートレーンはガソリンが3種類、ディーゼル仕様が1種類。先進安全装備も充実で、歩行者モニタリング、自動ブレーキシステムなどを標準装備している

■ポルシェにアルファ、ロールス・ロイスもSUV

世界的なSUVブームが、もうどうにも止まらない!

フォルクスワーゲンVW)は10月25日2025年までに全世界のSUVラインナップを30車種以上に拡大するという衝撃の計画を発表した。しかも25年には販売の5割をSUVが占めると予測!

VWは昨年、全世界で623万台を販売した。そのなかで大躍進を遂げたのが中型SUVのティグアンだ。実に前年比40%増の72万台を売ったというからスゴい。すでにVWの販売する車両は5分の1がSUVになっている。

そんなドル箱SUVに続くのが、発表されたばかりのVWの世界戦略車、新型コンパクトSUVT-Crossだ。骨格は「MQB」(モジュラー・トランスバースマトリックス)をベースに開発した。安全装備も超充実。人気大爆発は確実か!?

続いてはポルシェだ。11月2日、本格改良を受けた新型マカンの予約受注がニッポンでもスタート。14年の発売以来、世界累計35万台超の大ヒットを記録したマカンの新型は2L4気筒ターボに7速PDKを組み合わせ、シャーシの再チューニングも行ない、走行性能はギンギンアップ。新開発のコネクティビティ機能も充実だ! ちなみにポルシェの販売の7割を叩き出しているのは、マカン&カイエンSUVである。


【ポルシェ/マカン】7.1インチから10.9インチへサイズアップしたフルHDタッチスクリーンを搭載。エクステリアはLEDヘッドライト、テールライトデザインなどが刷新された
ポルシェ/マカン】7.1インチから10.9インチサイズアップしたフルHDタッチスクリーンを搭載。エクステリアLEDヘッドライト、テールライトデザインなどが刷新された

BMWからは史上初となる3列シートSUV誕生のニュースが届いている。10月17日フラッグシップとなるX7を発表したBMWシートは3列シートが標準。どの列も電動シートでアームレストとドリンクホルダー、USBソケットが備わる。荷室容量は326L、3列目シートを倒すと750Lの容量となる。日本登場が今から楽しみだ!

【BMW/X7】エンジンはガソリンとディーゼル。トランスミッションは8速AT。全長5151mm、全幅2000mm、全高1805mm、ホイールベースは3105mmという巨大ぶりである
BMW/X7】エンジンガソリンディーゼルトランスミッションは8速AT。全長5151mm、全幅2000mm、全高1805mm、ホイールベース3105mmという巨大ぶりである

100年以上の歴史を持つアルファロメオ初のSUVステルヴィオだ。ニッポンには今年7月に登場した。エンジンは2L直4ツインスクロールターボエンジンを搭載。最高出力は280馬力で、駆動方式は可変トルク配分機構を備えた4WD。プラットフォームは次世代型の「ジョルジオ」が採用された気合いビンビンSUVだ!

それが証拠に昨年、ドイツサーキット場であるニュルブルクリンクコースで量産SUV最速タイムを叩き出しているのだ。走り好きは注目のクルマだ!

【アルファロメオ/ステルヴィオ】走りだけでなく先進安全機能もハンパない。歩行者検知機能付き前面衝突警告、自動緊急ブレーキ、アダプティブクルーズコントロールなどが標準装備となる
アルファロメオステルヴィオ】走りだけでなく先進安全機能もハンパない。歩行者検知機能付き前面衝突警告、自動緊急ブレーキ、アダプティブクルーズコントロールなどが標準装備となる

ロールス・ロイス初となるSUV「カリナン」も注目だ。エンジンは6.75LのV型12気筒ツインターボを搭載。571馬力を誇り、トルクは驚異の86.7kgm。車両重量は2750kgの豊満ボディ。すでにカリナンは日本国内でも受注を開始しているが、約3900万円としびれる価格だ!
【ロールス・ロイス/カリナン】老舗高級ブランドが放つSUVは超豊満ボディ。気になるサイズは、全長5341mm、全幅2000mm、全高1835mm、ホイールベース3295mm。世界最大級のデカさである
ロールス・ロイス/カリナン】老舗高級ブランドが放つSUVは超豊満ボディ。気になるサイズは、全長5341mm、全幅2000mm、全高1835mm、ホイールベース3295mm。世界最大級のデカさである

■3列シートにPHEVもある!

一方、日本勢のSUV攻勢もハンパない!

世界で年間70万台以上を売りまくっているホンダのミドルサイズSUVCR-Vが今年2年ぶりにニッポン復帰を果たした。エンジンガソリンハイブリッドのツープラトンで、3列シートモデルまで用意している。ちなみに8月30日の発表から約1ヵ月で5000台超を受注。月間販売計画の実に4倍以上を記録して滑り出しは好調!


【ホンダ/CR‐V】日本仕様のエンジンは、CR-V初となるHV(ハイブリッド)と1.5LのVTECターボの2タイプ。どちらにもFFと4WDが設定されている。HVは今月1日に発売
ホンダ/CR‐V】日本仕様のエンジンは、CR-V初となるHV(ハイブリッド)と1.5LのVTECターボの2タイプ。どちらにもFFと4WDが設定されている。HVは今月1日に発売

お次はマツダフラッグシップSUV「CX-8」の改良車が今月29日から発売される。昨年12月デビュー時にはディーゼルのみだったが、今回の改良で自然吸気とターボのガソリンエンジンを追加。

CX-8はマツダ初となる3列シートSUVで最上級グレードは400万円を軽く突破するが、昨年9月の予約開始から3万台超を売っている。ポスト・ミニバン的なSUVはCX-8で決まりだ!

【マツダ/CX‐8】新たに追加されたガソリンエンジンは、2.5L直噴直4自然吸気エンジン(190馬力)と2.5L直噴直4ターボエンジン(230馬力)の2種類。燃料はレギュラーガソリン
マツダ/CX‐8】新たに追加されたガソリンエンジンは、2.5L直噴直4自然吸気エンジン(190馬力)と2.5L直噴直4ターボエンジン230馬力)の2種類。燃料はレギュラーガソリン

世界累計販売16万台を突破している三菱アウトランダーPHEVも注目だ。こいつはPHVプラグインハイブリッド)としては世界で最も売れているクルマだ。8月23日より改良モデルが販売されているが、駆動用バッテリーエンジンをまさかの新設計という大改良を敢行。

エンジンモーター、ジェネレーターの出力を向上させ、EV走行時の航続距離も伸びている。しかも4WDシステムランエボで培った電子制御S-AWCを超熟成させている。ちなみにこのハイテクSUVの最上級グレードの価格は509万40円!

【三菱/アウトランダーPHEV】PHEVシステムは主要構成部品の約9割を刷新。エンジンは2L直4DOHCから2.4L直4アトキンソンサイクル化。スムーズさや静粛性を大幅に向上させている
【三菱/アウトランダーPHEVPHEVシステムは主要構成部品の約9割を刷新。エンジンは2L直4DOHCから2.4L直4アトキンソンサイクル化。スムーズさや静粛性を大幅に向上させている

■SUV人気はマッチョへの憧れ?

この世界的なSUVブームの背景には何が? 自動車専門誌の編集長が解説する。

「中国の年間新車販売は3000万台に迫る勢いです。そんな中国で昨年、SUV1000万台以上を売りました。また、昨年の欧州市場でもSUVは456万台を売り、前年比19・5%増を記録。しかも、ベース車の背を高くするだけで100万円から200万円ほど価格を盛れる。SUVはまさに金脈なのです」

では、なぜSUVが世界中でこんなにも支持を集めるのか。自動車ジャーナリストの塩見智(さとし)氏はこう分析する。

SUV乗用車ジャンルとして今や最大派閥です。その理由は、世界中の人々のマッチョへの憧れを表したもの。男性はSUVに乗ればシュワちゃんみたいなマッチョイメージを身につけられると思っている。一方、女性は運転席から下々を威嚇(いかく)するようなコマンドポジションSUVに乗ることで、周囲の男性をかしずかせているような気持ちになれると思う」

さらに塩見氏が続ける。

「現実的な理由も話すと、SUVは圧倒的に便利なのです。多人数乗車というミニバンの要素を取り込み、4WDによる高い悪路走破性というクロカンの要素を取り込み、最近ではSUVなのに低くクーペの要素を取り込むモデルも。あらゆるクルマの要素を取り込んだ乗用車の最終進化系がSUVなのです」 

どうやらこの世界的な狂騒はまだまだ続きそうである。

(写真協力/VWグループジャパンポルシェジャパンBMWジャパン、FCAジャパンロールス・ロイスモーターカーズホンダマツダ

取材・文/黒羽幸宏 撮影/本田雄

フォルクスワーゲンの「T-Cross 」。パワートレーンはガソリンが3種類、ディーゼル仕様が1種類。先進安全装備も充実で、歩行者モニタリング、自動ブレーキシステムなどを標準装備している