英人気コメディードラマMr.ビーン』で知られる俳優ローワン・アトキンソン(57)が、「Mr.ビーンから引退する」と、宣言したことがわかった。英紙『デーリーグラフ』に語ったという。

 アトキンソンは、引退の理由について、「商業的には成功したが、50代の人間がこういった子供じみたことをやるのが悲しくなってきた」とコメント。「年々あまりやりたいと思わなくなってきた。今後はシリアスな役をやっていきたい」と、自分の中でもモチベーションが下がっていたことを告白している。

 21日付の日刊スポーツが報じており、『Mr.ビーンシリーズは、90年から5年間放送され、自己中心的な男が騒動を巻き起こす喜劇で、日本を含む世界94ヶ国でも放送。07年には映画『Mr.ビーン カンヌで大迷惑!?』も公開され、今年のロンドン五輪開幕式では、アトキンソンはMr.ビーンとしてロンドン交響楽団と一緒に演奏し、会場を沸かせていた。