スポーツ界の名珍場面総集編」―3月のCLチェルシー戦で披露した“超絶フェイント”に脚光

 2018年も、もう残り僅か。様々な競技で盛り上がりを見せたスポーツ界を連日、振り返る「名珍場面2018」。今回は海外サッカーバルセロナアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの超絶フェイントだ。3月のUEFAチャンピオンズリーグの決勝トーナメント1回戦第2戦のチェルシー戦で魅せた超絶技巧を、CL公式ツイッターが動画で紹介。ファンからは「何でこれができるの」「すごい速さで方向を変えたな」など驚愕の声が相次いでいた。

 メッシがボディフェイントだけで、相手を倒すという超絶テクニックを見せた。ドリブルでペナルティエリアへ向かうメッシだが、一度わざとスピードを落とし、左足でボールタッチ。後ろに下げると見せかけて、相手を引きつけ再加速した。

 このボディフェイントに、メッシについたスペイン代表MFのセスク・ファブレガスバランスを崩し転倒。わずかな体の動きだけで、超一流選手を翻弄するのだから、恐ろしいとしか言いようがない。

 このシーンの動画をCL公式ツイッターが「メッシのボディフェイントにだまされたなら」とつづり公開するや、続々とコメントが殺到した。

再生回数は110万を突破「メッシは誰も止められない」

メッシサッカー史最高の選手」
メッシは誰も止められない」
メッシは相手のバランスを崩すのにボールを触ることすら要らないんだ」
すごい速さで方向を変えたな。ただただ世界最高だ」
「ボディフェイントでファブレガスを倒した。何でこれができるの」
魔術師メッシ

 など称賛が相次ぎ、現在までに再生回数は110万回を突破している。

 メッシはこの試合でCL通算100ゴールを達成するなど、17-18シーズンは計45得点をマーク。今季も怪我こそあったが、圧倒的なプレーに陰りはなし。首位を走るバルセロナをけん引している。(THE ANSWER編集部)

リオネル・メッシ【写真:Getty Images】