東京に住む人たちの声を聴きながら、パーソナリティの堀内貴之が今を切り取るテーマリスナーと共に考えていくラジオプログラムTOKYO FM「シンクロのシティ」。番組内のコーナー「東京地元めしでは「東京にある隠れた名店」をご紹介しています。といっても単なる名店ではありません。ここでご紹介するのはリスナーのみなさんが推薦してくれた「自分が通っているイチオシのお店」。レポーターの安竜うららが味わいのある名店に伺い、美味しいだけじゃない人気の秘密を探ります。

今回伺ったのは、四谷三丁目駅から徒歩4分のところにある唐揚げ専門店「トリロー」。



リスナーの方からこんなメッセージをいただきました。
「とにかく、唐揚げがめちゃくちゃ美味しいお店です! 美味しいのに、食べ放題が激安です! 唐揚げと言ったらトリローさん!って思うほど、私が大好きな唐揚げ屋さんです。店内もオシャレで、落ち着く空間です。そして、お店の店長の、将さんという方が、とても気さくで優しい方なので、お話するのもひとつの楽しみです」(ラジオネーム:みきてぃーさん)



赤がお店のイメージカラー! 店頭には元気なのぼりが。



以前はスナックだった店内を、居抜きでそのまま生かしているというユニークな店内。



こちらが店長の白岩将さん。「トリロー」をオープンから、目玉である食べ放題システムについて詳しく伺ってきました。

うらら:こんにちは! トリローは「唐揚げ専門店」としてオープンして5年ほどだと伺いました。店内が珍しいつくりですね。

白岩さん:ここ、実はスナックの居抜きなんです。スナックの居抜きで唐揚げ屋をやるのもどうかなと思ったんですけど、そんな唐揚げ屋も(ほかに)ないと思って始めちゃいました。

うらら北海道ザンギを中心とした「唐揚げ専門店」にしようというきっかけは、何だったのですか?

白岩さん:僕、北海道出身なのですが、「北海道のものをみなさんに広めたい」というのが最初のとっかかりです。北海道の「ザンギ」はよく聞くと思うのですが、ザンギという表現も、もともと油で揚げてあればなんでもザンギと言うんですよ。タコザンギも野菜ザンギもあるし。本当は総称だけど、知って欲しくてウチでは商品名として「北海道ザンギ」と言っています。

うらら:驚いたのはメニュー! 定額で唐揚げ食べ放題

白岩さん:食べ残ししていかない程度に食べていただければ、じゃんじゃん揚げます! 昼は850円、夜は1,050円唐揚げ何個でも食べ放題ですね。うちのシステムをご説明すると、まずは4種類の唐揚げテーブルにお持ちします。その中からお気に入りがあったり、もう1度食べたいものがあったら、テーブルの注文用紙に種類と個数を記入して、追加で注文していくというシステムです。その間、ライスサラダスープも、セルフで食べ放題! 特に、学生やサラリーマンの方には喜んでいただいていいますね。

うららすごい! なんて太っ腹なお店! こんなに安くて食べ放題。だ、大丈夫なんでしょうか?

白岩さん:まずこのシステムをとるときに考えたのは、経費として1番かかるのは人件費なので、僕ひとりでやるにはどうしたらいいかと考えた結果、ライスや注文はセルフでやっていただくスタイルになりました。なのでこの値段でもやれちゃうんです。それに僕、松戸からバイクで通っているんです。交通費がかからないので、その分みなさんに還元できるかなということで、こうなってます。まぁ4年やれているので、大丈夫……ですよ!(笑)

うらら白岩さん自ら交通費を削って、食べ放題システムを充実させているんですね! ほかにも、作り方までオープンだとか?

白岩さんメニューに も書いてありますが、北海道ザンギには味噌が入っています!とか、隠すつもりはないんです。当店には企業秘密はないので、ご質問いただければなんでも答える体制でいます。どうやらこのシステムを真似しているお店もあるようですが、どんどん真似してください!と思います。みんなで「唐揚げ屋」っていうジャンルを確立していけばいい! そば屋やうどん屋があっても、店舗の唐揚げ屋ってないでしょ。

うらら:みんなが輪になり、誰もが喜ぶことを大切にしているんですね。

白岩さん:僕、楽しいこと大好きなので、そう言ってもらえると嬉しいです。サービス業ですから、お肉の仕込みや味付けにはこだわるけど、何かに固執ってあまりない。

今回いただいた食べ放題メニューは、北海道ザンギスパイシーむね、やみつき辛もも、たまり醤油むね。熱々な4種類がお皿の上に並び、それぞれの美味しさを味わった後、本当の食べ放題スタート! どれもジューシーでやみつきに! 4種類全部、3個ずつ追加!なんていう注文もできますよ。1度来店されたお客様には、次回以降注文できる種類が増えるというシステムも。

通えば通うほど、楽しくて美味しい「トリロー」。東京地元めし、認定です。

【トリロー/四谷三丁目】
住所:東京都新宿区荒木町3 田村ビル 1F
電話:03-6457-4815




安竜うらら(女優・レポーター)


----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2018年12月18日(火) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radikoアプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:シンクロのシティ
放送日時 :毎週月~木曜15:00~16:50
パーソナリティ:堀内貴之、MIO
番組Webサイトhttp://www.tfm.co.jp/city/
北海道の絶品“ザンギ”が食べ放題! 都内の「唐揚げ専門店」とは?