日本ハムからトレード移籍の秋吉は「39」、谷内は「32」

 日本ハムは17日、ヤクルトとの交換トレードで加入した秋吉亮投手の背番号が「39」、谷内亮太内野手背番号が「32」に決まったことを発表した。

 両選手は16年新人王の高梨裕稔投手、太田賢吾内野手との2対2の交換トレードで加入。ヤクルトでは秋吉が「14」、谷内が「46」番を付けていた。

 また、西武は巨人を戦力外となっていた廖任磊(リャオ・レンレイ)投手と選手契約を締結したことを発表し、背番号は「50」に決まった。

パ・リーグ

日本ハム
秋吉亮投手 背番号「39」
谷内亮太内野手 背番号「32」

【西武】
廖任磊投手 背番号「50」(Full-Count編集部)

トレードで日本ハムに加入した秋吉亮【写真:荒川祐史】