一般社団法人日本フレスコボール協会(東京都世田谷区 代表理事:窪島剣璽、以下、JFBA)は、2018年12月14-16日(3日間)で、ブラジル リオデジャネイロコパカバーナビーチで開催された「フレスコボール ブラジル選手権2018」における日本代表選手団の試合結果をご報告させて頂きます。


一般社団法人日本フレスコボール協会(東京都世田谷区 代表理事:窪島剣璽、以下、JFBA)は、2018年12月14-16日(予選大会含む3日間)で、ブラジル リオデジャネイロコパカバーナビーチで開催された「フレスコボール ブラジル選手権2018」における日本代表選手団の試合結果をご報告させて頂きます。



【概要】
フレスコボール ブラジル選手権 コパカバーナ 2018
ポルトガル語CIRCUITO BRASILEIRO DE FRESCOBOL ETAPA COPACABANA 2018)


【主催】
ASSOCIAÇÃO BRASILEIRA DE FRESCOBOL (ABRAF)

【開催場所】
ブラジル リオデジャネイロ コパカバーナビーチ


【開催日時】
2018年12月14-16日(予選大会含む3日間)

【試合結果】
<男子一般カテゴリ
芝卓史・長田涼 ペア  3位
斉藤亮太・夏目脩平 ペア 予選敗退

倉茂孝明・松浦孝宣 ペア 予選敗退

<女子総合カテゴリ
落合真彩・小澤彩香 ペア 3位
風味千賀子・塩崎未英 ペア 予選敗退

ミックスカテゴリ
倉茂孝明・落合真彩 ペア 5位入賞
芝卓史・塩崎未英 ペア 予選敗退
窪島剣璽・小澤彩香 ペア 予選敗退



【JFBAからのコメント
今大会の日本代表団は昨年大会より大幅に技術も向上したこともあり、ブラジル選手権で日本人初となる表彰台に上ることができました。これはリオのコパカバーナの舞台を目指し、日頃より選手の皆さんが練習に励んできた成果だと思います。特に予選大会での芝・長田ペア(男子一般)、落合・小澤ペア(女子総合)は、圧巻のラリーでともに予算上位通過を果たすなど、実りの大きな大会になったと思います。
JFBAとしては、今後ともこブラジル選手権を目標の大会と位置付け、更なる上位入賞を目指していくとともに、日本とブラジルの友好・文化交流を促進してまいりたいと思っております。

【本件に関するお問合せ先】
一般社団法人日本フレスコボール協会
広報担当
http://www.frescoball.org/
03-6304-3295
contact@frescoball.org

配信元企業:一般社団法人日本フレスコボール協会

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ