日本発唯一の国際カードブランド運営企業である株式会社ジェーシービー(本社:東京都港区、代表取締役兼執行役員社長:浜川 一郎)の海外業務を行う子会社株式会社ジェーシービー・インターナショナル(本社:東京都港区、代表取締役社長:今田 公久)は、インドネシアにて業務を行う子会社、PT. JCB International Indonesia(本社:ジャカルタ取締役社長:和田 浩一郎)(以下、3社を総称して「JCB」)を通し、インドネシア大手の国営商業銀行であるマンディリ銀行(PT. Bank Mandiri(Persero) Tbk、President Director:Kartika Wirjoatmodjo 以下:マンディリ銀行)と、2018年12月18日(火)より「Mandiri-JCB Precious Card」の発行を開始します。マンディリ銀行とのカードの発行は、今回が初となります。
<Mandiri-JCB Precious Card


マンディリ銀行は、資産規模でインドネシア最大級の国営商用銀行です。クレジットカードの発行枚数は同国内最大で、ATMや加盟店ネットワークの運営も積極的に拡大するなど、カード業務に注力しています。

インドネシアクレジットカードの市場は、人口約2.6憶人に対して発行枚数約1,700万枚と保有率はまだ低く、今後のさらなる人口増加や経済成長によりマーケットの拡大が見込まれています。今回の提携は、インドネシアにおける会員基盤を拡充させたいJCBと、国際ブランドとの提携によりお客様へのサービスを拡充させたいマンディリ銀行の思いが一致し、実現しました。

JCBは、「おもてなしの心」「きめ細やかな心づかい」でお客様一人ひとりのご期待に応えていきます。そして「便利だ」「頼れる」「持っていてよかった」と思っていただける、お客様にとっての世界にひとつを目指し続けます。


プレスリリースPDF
https://prtimes.jp/a/?f=d11361-20181218-5993.pdf

配信元企業:株式会社ジェーシービー

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ