グーグル、NYオフィスの大規模拡張計画、投資額1100億円

 米シリコンバレーに本社を置くグーグル12月17日ニューヨークオフィスを大規模に拡張する計画を明らかにした。

JBpressですべての写真や図表を見る

 この計画については、かねてウォールストリートジャーナルなどの米メディアが報じていたが、今回の発表で、その詳細が明らかになった。

 グーグルニューヨーク中心部のマンハッタンで、複数の大型オフィスビルを借り、「グーグルハドソンスクエア」と呼ぶ新キャンパスを設置する。その敷地面積は、約16万平方メートルで、東京ドーム3.4個分。投資額は10億ドル(約1100億円)を超えるとしている。

 同社のニューヨークオフィスにおける現在の従業員数は、約7000人。これを今後10年かけて2倍の1万4000人に増やす計画だ。

アップルはテキサスに新社屋、投資額1100億円

 米国のテクノロジー企業は、古くからの拠点である西海岸の地を越えて、米国のさまざまな都市に入り込もうとしていると、ウォールストリート・ジャーナルは伝えている。

 先ごろは、同じくシリコンバレーに本社があるアップルが、南部テキサス州オースティンに新社屋を建設すると発表した

 また、アップルは、東部ペンシルベニア州ピッツバーグと、ニューヨーク、中西部のコロラド州ボールダーで、オフィスを拡張する。このほか、カリフォルニア州サンディエゴとカルバーシティ、ワシントンシアトルにも新オフィスを設置する計画だ。

 アップルグーグルと同じく、新社屋に約10億ドル(約1100億円)を投じる計画だ。テキサス州オースティンの敷地面積は、約54万平方メートルと、東京ドーム11.5個分。

 アップルは現在、オースティンで6200人の従業員を抱えている。この数は、すでに、本社であるカリフォルニア州クパチーノ以外の拠点としては最大。同社は、まずオースティンで新たに、5000人を雇用するが、新社屋は1万5000人の収容が可能であり、将来はオースティンで最大の民間雇用主になるとしている。

アマゾンの第2本社、投資額は5600億円

 これらの発表に先立つ11月シアトルに本社を置く米アマゾンドットコムが、ニューヨーククイーンズ区のロングアイランドシティーと、バージニア州アーリントンのクリスタルシティー地域に「第2本社(HQ2)」を設置すると発表した。

 ウォールストリートジャーナルによると、このうち、ロングアイランドシティーの敷地面積は、約37万~74万平方メートルで、東京ドーム8~16個分。

 アマゾンはこれら2つの第2本社で、それぞれ約2万5000人を雇用し、合計50億ドル(約5600億円)を投資する計画。同社は、テネシーナッシュビルのダウンタウンに「センター・オブ・エクセレンス」と呼ぶ物流施設も新設する。こちらでは5000人を雇用し、2019年中に稼働を始める予定だ。

(参考・関連記事)「アマゾン、第2章の始まり

[もっと知りたい!続けてお読みください →]   アマゾンに変化、eコマースで「利益」を徹底追求

[関連記事]

アマゾンエフェクトからの脱却を図る小売業の新機軸

アップルの中国事業に新たな懸念