このほど米ニューヨークレストランで、ランチをした男性に思わぬ幸運が舞い込んだ。注文した料理に入っていた牡蠣の中に、真珠を発見したのである。『New York Post』や『NorthJersey.com』などが伝えた。

ニュージャージー州エッジウォーターに住むリック・アントッシュさん(66歳)は12月5日、高校時代の友人と会うためにニューヨークグランド・セントラル駅にあるグランド・セントラルオイスターバーへとやって来た。

リックさんは、ランチに14.75ドル(約1,660円)のパン・ローストを注文した。これはロングアイランド南岸の小型の食用牡蠣として知られるブルーポイントオイスターが6個入ったシチューのようなもので、オイスターを口にしたリックさんは違和感を覚えた。口の中でコロコロした感覚を味わったリックさんは、「もしや歯の詰め物が取れてしまったのでは」と不安に思い取り出してみると、それはえんどう豆サイズの真珠だった。しかしリックさんは、真珠を見てもさほど驚かなかったという。

「店はステーキハウスではないからね。アメリカでも有名なオイスター料理のレストランだから、頻繁ではないかもしれないけどこういうことはたまに起こるのでは、と思ったんだ。」

そしてリックさんは、真珠をポケットに入れて店の誰にも言わずに出た。しかし帰宅後、気になってレストランに電話し起こったことを話した。「このようなことはよく起こるのか」とリックさんに尋ねられたサンディー・インバー料理長はとても驚いた。

「私は28年間この店で働いていて、毎日5,000以上の半殻のオイスターを店で出していますが、こんなことが起こったのはこれで2度目です。」

料理長によると、リックさんのランチに使ったオイスターはバージニア州から取り寄せたもので、あらかじめ殻を開けやすいように下ごしらえがされていたという。「本当に稀なことですよ。非常に興味深いし、わくわくしますね」と料理長が言うように、メイン州にあるGlidden Point Oyster Farms(グリッデン・ポイントオイスターファーム)の総支配人ジョン・ターコットさんも「非常に稀です。真珠が形成されるまでには時間がかかりますし、一般的には真珠があのように大きくなる前に収穫されますから」と話している。

また、メリーランド大学のオイスター生理学者マシュー・W・グレイ教授は次のように語る。

「真珠生産者の中には、1年未満でえんどう豆サイズの大きさの真珠を生産する人もいます。しかし真珠の成長率は、環境や遺伝要因にもよります。オイスターの中で生み出される天然真珠についてはまだよく理解されていませんが、逸話的に言えば10,000分の1ほどの確率と言っていいでしょう。」

砂、泥、小石などの異物が牡蠣の殻の中に入ると、その異物から体を保護するため真珠が形成されるそうだ。リックさんが手にした真珠はいったいどれほどの価値があるのだろうか。ニューヨークウエスト47thストリートにある真珠専門店「DSL Pearl」の経営者エディー・リーヴァイさんは、リックさんの真珠の写真を見てこのように話している。

「真珠の価値は、光沢と透明度、真円度によって決まります。この真珠は完璧な円形ではなく表面に黒い点も見られます。点は除去できるものかどうかはわかりませんが、この状態で鑑定するなら価値は2,000ドル(約23万円)~4,000ドル(約46万円)といったところでしょう。」

リックさんは手にした真珠をどうするかはまだ決めていないそうだが、「もっと真珠を見つけるために、絶対またあのレストランに行くよ」とのことだ。

画像は『New York Post 2018年12月15日付「Diner at Grand Central Oyster Bar finds pea-sized pearl in his lunch」(Annie Wermiel)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト