世界的オープン・イノベーション支援企業ナインシグマアジアパシフィック株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 諏訪暁彦 以下 ナインシグマ)は同社のホームページで、関西電力株式会社(以下関西電力)の新規事業プロジェクト『iino』の最新動向を先進事例として紹介しました 

関西電力は本年度ナインシグマのグローバル技術探索サービスを活用し、ユニークな自動走行制御技術を持つドイツ系のベンチャー企業を共同開発パートナー候補として2018年11月より研究開発を開始しました。掲載されている事例では事業コンセプト立案の経緯はもとより、パートナー探索、現在検討中の新ビジネス構想についても詳しく説明されています。

今回のプロジェクトを担当したナインシグマアジアパシフィック取締役 村上まり恵は「技術開発担当の皆さまはもちろんですが、企業の経営者の方にこそ読んでいただきたい事例です。若いイノベーション推進役の創造と改革への熱い想いが、いかに関西電力という歴史のある大企業をも動かしたか。そしてそれが実装に向け、街や行政にも拡がろうとしているのです。まさに、今、変革を迫られている企業様には、新事業開発にオープン・イノベーションを活用するひとつのお手本となるケースではないでしょうか」と述べています。            

          プロジェクトのため来日した共同開発パートナーと試作機上で。


ナインシグマアジアパシフィック株式会社について http://www.ninesigma.co.jp/
ナインシグマアジアパシフィック株式会社は、オープン・イノベーションを通じて誰もが幸せに暮らせる社会の実現を目指し、2006年に設立されました。ナインシグマグループは現在世界105か国で5000件以上、国内では1200件以上の、オープン・イノベーション支援実績を誇るグローバル企業です。世界250万人以上の研究者ネットワークをもとに、革新的な発想と技術を発掘し、先端技術と企業とのマッチングを推進しています。

配信元企業:ナインシグマホールディングス株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ