【この記事の動画を見る】

来年5月24日アメリカで、6月7日に日本で公開を予定しているディズニー実写版『アラジン』。キャストウィル・スミス(50)、メナ・マスード(27)、ナオミ・スコット(25)が衣装を着ている姿が初披露されたが、ウィル演じるジーニーの肌が青くないことに、ファンの間で不満が広がっている。

ディズニー1992年アニメ版の『アラジン』を公開し、期待される実写版は映画『シャーロック・ホームズシリーズのガイ・リッチーが監督を務めている。実写版では愉快な青いランプの魔人ジーニーをウィル・スミスが、主役アラジンをAmazon Videoのドラマ『Tom Clancy’s Jack Ryan』のメナ・マスードが、プリンセスのジャスミン役は『パワーレンジャー』(2017年)のナオミ・スコットが演じる。

このほど、ついにキャスト3人がそれぞれの衣装を着た姿が『Entertainment Weekly』の表紙で初披露された。しかし、ジーニー役のウィルアニメ版とは違って肌が青くないことが話題に。ファンツイッターに「期待していたのとは違った」「正直な質問。あなたたちはポストプロダクション(編集)でウィル・スミスを青くするの?」「どうしてジーニーが青くないの?」「こんなのひどい」とコメントし、不満をぶちまけた。

実はこの表紙、加工前の状態であり、映画ではちゃんと青いジーニーでウィル・スミスは登場する。ウィルは『Entertainment Weekly』の表紙をインスタグラムに公開し、「バン!! ジーニー、プリンセスジャスミンアラジンの初お披露目さ! 『Entertainment Weekly』で僕が頭のまげをカッコよくキメているところを見てくれよな。(それから、そうだよ。僕は青くなるよ!)」と言葉を添えている。

また『Entertainment Weekly』も「青いウィル・スミスランプに乗る最終バージョンはまだ完成していない」と説明しており、映画では青いバージョンのジーニーが登場する予定だ。

なお、アニメ版では2014年に亡くなったロビン・ウィリアムズがジーニーの声を担当しており、ファンが「ロビン以外のジーニーはありえない」と言うほどプレシャーの多い役である。

ウィル・スミスは『Entertainment Weekly』に「アイコニックキャラクターを演じる時はいつも怖いものさ」と話し、ロビンウィリアムズが“永遠に愛される彼にしかできないキャラクターを(ジーニーに)吹き込んだ”ようにウィルも自分なりのキャラクターを作り上げたと明かした。「ロビンウィリアムズに敬意を払ったような演技ができるって自信がついたんだ。でも、音楽的には違うけれどね」「キャラクターの味も(ロビンのとは)違うし、十分ユニークだよ。立派に太刀打ちできる作品にしたいんだ。ディズニーのこれまでの作品の中でも特異さでは群を抜いているね。だってヒップホップを利かせたものってあまりないだろう」と語っている。

このたびの実写版『アラジン』の初披露には、「青くないジーニー」以外にも「ジャスミンアラジンアラブ人よりも白人のように見える」という批判も集まっている。予告編を見るまで映画の雰囲気は掴めない状況だが、高く期待されるだけにファンからの厳しい声は避けられないことなのかもしれない。

画像は『Will Smith 2018年12月19日Instagram「BAM!! First look at the Genie, Princess Jasmine, and #Aladdin! Check Me Rockin’ the Top Knot Ponytail Vibes in @entertainmentweekly」』『Entertainment Weekly 2018年12月19日Instagram「We can show you the world… of Disney’s live-actionAladdin!」(Photo: Daniel Smith/Disney)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 朝倉リリー

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト