日露戦争時代のロシア兵捕虜収容所を舞台として、日本人女性とロシア人男性の恋愛を描く日露合作の映画『ソローキンの見た桜』より、2人の深い関係にフォーカスした特報映像と場面写真が併せて解禁された。

【写真】『ソローキンの見た桜』場面写真

 本作は、日本とロシア帝国が中国大陸の利権を争って戦った日露戦争下、愛媛県松山市に設置された国内初のロシア兵捕虜収容所で運命的な出会いを果たした男女を中心に、歴史に翻弄された人々を描いた心揺さぶる物語。出演は、一人二役を務める阿部純子、ロデオン・ガリュチェンコ、山本陽子、斎藤工イッセー尾形ら。

 戦争で傷ついたロシア兵将校ソローキン(ロデオン)の手当てをすることになった看護師のゆい(阿部)。兄弟を戦争で亡くしたゆいは、ソローキンを憎みながらもいつしか惹かれ、愛し合う。やがて、ロシア革命に参加するため、収容所を脱走し帰国することにしたソローキンは、ゆいも一緒に連れて帰ろうとする。

 一方、日露戦争からおよそ100年後となる2018年。駆け出しテレビディレクターの桜子(阿部、二役)は、祖母(山本)から自身のルーツロシアにあることを知り、さらにロシア兵と日本人看護師2人の日記をひもといていくうちに衝撃の事実を知ることとなる…。

 公開された特報映像では、暴れる捕虜に向かって抜刀する日本人衛兵を皮切りに、手を取り合って収容所外を一目散に駆けていくソローキンとゆい、強引に引き離される2人の姿などを捉えた後、青空の下で大きく花開く桜の木を映し取っている。

 また、併せて解禁となった場面写真は、ゆいとソローキン2人が寄り添う絵画のように美しいシーン、一触即発となった日本兵とロシア兵の争いを収容所所長の河野(イッセー)が制するシーンをそれぞれピックアップしている。

 映画『ソローキンの見た桜』は2019年3月22日より全国公開。3月16日より愛媛県先行公開。

映画『ソローキンの見た桜』メインビジュアル(C)2019「ソローキンの見た桜」製作委員会