「仕事がうまくいかず焦る」「人間関係にイライラする」「将来のことが何となく不安」。誰でもマイナスの「苦しい」感情を抱えてしまうことがあります。しかし、「苦しい」感情を放置していても改善することはありません。心も体も不健康になり、ますます苦しくなるのです。では、どのように対処したらよいのでしょうか。

 今回は「人生うまくいく人の感情リセット術」(三笠書房)を紹介します。著者は精神科医の樺沢紫苑さん。メディア出演も多いのでご存じの方も多いでしょう。脳科学に裏付けられた「感情リセット術」は、「脳科学」と「心理学」に基づく科学的メソッド。著者独自の経験をもとに確立した理論は大変ユニークでした。

3つの脳内物質が決め手になる

「苦しい」と「楽しい」。正反対の2つの感情の正体をご存じでしょうか。近年の脳科学研究によって、「感情」や「気分」は物質に起因することがわかってきました。「心」の変化と思われていたことが、脳内物質やホルモンの増減であると解明されたのです。

「私たちは苦しい状況に陥ると、不安と恐怖に支配され、気分も落ち込みます。しかし、それは生体のストレス反応、つまり条件反射のようなものです。『苦しい』状態では、『ノルアドレナリン』『アドレナリン』『コーチゾール』という『ストレスホルモン』が分泌されます。これらの物質が私たちの心や身体に悪影響を与えています」(樺沢さん)

「『楽しい』もまた脳内物質の変化で、楽しいときに分泌する脳内物質が『ドーパミン』『エンドルフィン』『セロトニン』です。ドーパミンは、『幸福物質』とも呼ばれ、目標を達成したとき、夢や願望が実現したときに分泌されます。『やったー』と達成感を感じているときは、ドーパミンが出ている状態です」

 樺沢さんは、これから楽しいことがあるという「ワクワク」した気分のときや、大好きな人のことを考えて「ドキドキ」するときにも出ていると解説します。

「『楽しい』に欠かせないもう一つの脳内物質が『エンドルフィン』です。これは『快物質』と呼ばれ、ドーパミンの約20倍の『幸福感(強い快楽)』を与えます。スポーツの大会で優勝したときなど、大きな目標を達成し、気分が高揚しているときに分泌されます。また、激しい運動を続けているときにもエンドルフィンは出ます」

「苦しい」を「楽しい」に変換する

 次に、「クールな楽しさ」について聞きます。これは、マッサージを受けているときの「気持ち良さ」や「リラックス感」、大自然の中で感じられる「安らぎ」のようなことを指します。

「『クールな楽しさ』はセロトニンによるものです。『癒しの物質』とも呼ばれ、『癒された~』と感じるときに分泌されています。感動し、涙を流したときにも出ます。また、座禅や瞑想(めいそう)、読経などによってもセロトニンは活性化します。心が静かで、落ち着いた状態とセロトニンは関係しているのです」

セロトニンの分泌が低下すると、落ち着きがなくなり、イライラしたり不安になったりします。『安らぎ』とは反対の状態に陥るのです。さまざまな脳内物質が、あなたの『感情』や『気分』を決定づけています。この事実を知っておくことが、『感情リセット』の第一歩です。脳内物質を操る感情リセット術を身につければ、仕事や人間関係がますますうまくいくようになります」

 職場で同じ仕事をこなしている同僚がいます。人によっては、「つらい」と感じたり、「楽しい」と感じたりすることがあります。これは何によるものでしょうか。

「何が違うのかというと、脳内の反応が違うのです。仕事をしているとき、『苦しい』脳内物質が分泌されているか、『楽しい』脳内物質が分泌されているか。それだけの違いだったのです。『楽しい』脳内物質を出すことは、難しいことではありません」

「仕事への取り組み方や姿勢、考え方、受け止め方などを切り替えるだけで、『苦しい』脳内物質が分泌されている状態が、『楽しい』脳内物質が分泌される状態へとチェンジします。あなたの感情はリセット可能です。『苦しい』は『楽しい』に変えられます」

「苦しい」や「つらい」は、脳内物質によるもの。脳内物質を調整することで「苦しい」を取り除き、「楽しい」に変えることができるのです。それだけでなく、プラスの「楽しい」感情にさえ変えてしまう。感情を変える方法は一見の価値があります。

コラムニスト明治大学サービス創新研究所研究員 尾藤克之

感情リセットで人生がうまくいく?