このほどアメリカから、手術不可能な脳腫瘍が消えてなくなった少女の話題が飛び込んできた。小児がんの中で完治が難しいとされるこの脳腫瘍が消えた出来事は、クリスマスの奇跡のようだと『Fox News』が伝えている。

テキサス州ビューダに住む11歳の少女ロックスリ・ドスちゃん(Roxli Doss)は、今年6月上旬に頭痛を訴え始め、同時に物が二重に見えるといった視覚への異常がみられた。心配した両親が病院に連れて行ったところ、ロックスリちゃんの脳に腫瘍が見つかったのだ。

それは悪性であることがほとんどの「小児脳幹部グリオーマ」と言われる脳幹にできる腫瘍で、しかも腫瘍が正常な脳細胞と極端に密接していることから手術で取り除くことができず、完治は難しいとされる。

父親のスコットさんとジーナさんの悲しみは、計り知れないものがあったに違いない。この病気は発症から1年以内の死亡率50%に達し、小児がんの中でも最も重い病気と言われているのだ。

オースティンにある「デル子供医療センターDell Children’s Medical Center)」のバージニア・ハロッド医師(Virginia Harrod)は「この稀な腫瘍は絶望的な病気とも言えます。物を飲み込む力や視力の著しい低下、言語障害、そして呼吸困難に陥っていくのです」と語っている。

ハロッド医師によるとロックスリちゃんの病には治療方法が無いものの、彼女は6週間かけて毎日放射線治療を受けたとのことだ。母親のジーナさんはクラウドファンディングサイト『GoFundMe』でロックスリちゃんの治療費を募り、8月頃に次のように綴っていた。

「私達は娘のことを医師に任せていますが、本当に今必要とするのは神からの助けです。私達は奇跡を信じて祈り続けています。」

そして、ロックスリちゃんの病気が発症してから約3か月経った9月下旬頃、奇跡は起きた。ロックスリちゃんが再度、脳のMRI検査を受けたところ、脳にあったはずの腫瘍が綺麗さっぱり無くなっていたのだ。

ハロッド医師は「検査結果を見た時、一瞬信じることができませんでした。これは本当に珍しいことです」と驚きを隠せなかったようだ。病院側では再度検査をして確認した後、今後は予防措置として免疫療法を続けていく予定だ。

ロックスリちゃんの家族は「間違いなく私達には感謝する神がいます。毎日のように私達はそう話しています。ロックスリを癒してくれた神は私達の家族のようなものです」と話している。

なおロックスリちゃんは現在、普通の子と同じように元気な様子で大好きな乗馬などを楽しんでいるという。

画像は『GoFundMe 2018年6月22日付「RoxStar Medical」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト