満天の星と音楽に囲まれてゆったりと楽しむプラネタリウムは、人の心を癒し、感動を与えてくれる空間です。その空間で映像とともに重要なのが、その場の雰囲気を作り上げる音楽です。

この度、コニカミノルタプラネタリウムは、東京都千代田区の有楽町マリオンの「TOHOシネマズ 日劇」跡に、「コニカミノルタプラネタリア TOKYO」を2018年12月19日(水)に開業しました。

同施設の特徴は、何と言っても有名作曲家・久石譲全曲書き下ろした楽曲を起用したプラネタリウム作品を上映していること。さっそく、その詳細をご紹介します。

世界的作曲家久石譲氏が「宇宙」をテーマした楽曲を提供


この冬オープンした「コニカミノルタプラネタリア TOKYO」 のオープニング作品には、世界的作曲家である久石譲が全編にわたり楽曲を提供しています。今回のテーマプラネタリウムに合わせた「宇宙」。自らタクトを振るい、オーケストラ編成による壮大なサウンドを完成させました。

また、この作品は最新の立体音響システムSOUND DOME(R)」に対応しています。このシステムにより、まるで実際に目の前でオーケストラが演奏しているかのような、重厚かつ繊細な音響空間を体験できます。


本作のテーマ「宇宙」は、宇宙飛行士が体験した“本当の宇宙”を意味しています。同施設では、日本人宇宙飛行士の土井隆雄さん、山崎直子さん、大西卓哉さんの体験を元に、そこから見える宇宙の光景を、コニカミノルタプラネタリウムの最新投映機「Cosmo Leap Σ(コスモリープ シグマ)」と全天周CG映像で再現しました。


SOUND DOME(R)システムプラネタリウムドームの裏側に43個のスピーカーと、壁の背面に4個のウーハーを配置。これらのスピーカーやウーハーによって、前後左右に加え上下や回転といった、きめ細かな音像移動が表現されています。

また、「プラネタリア TOKYO」のもう一つのオープニング作品として、アーティストDREAMS COME TRUEとのコラボレーションも決定。作品のテーマは“夜空を見上げ、星空に魅了され、星を知ろうとした人々の想い”です。

久石譲氏がプラネタリウムの音楽を書き下ろすのはキャリア初。つまり「コニカミノルタプラネタリア TOKYO」では、久石譲氏の世界観も体験できる、世界で唯一のプラネタリウム

最新の技術を駆使したプラネタリウムなら、より感動的な体験を与えてくれること間違いなしです。この冬のトレンドとして、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

source:@Press!

※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。

TRiP EDiTOR