音楽と絵画を愛するお笑い芸人・平井“ファラオ”光(馬鹿よ貴方は)が美術館の館長となり、自身が所持する数々のCDジャケットのなかから絵画的に見て優れているもの、時に珍しいものをご紹介する連載。


第22回:クリスマスとの相性抜群の名盤/MR.BIG『ディープ・カッツ〜MR.BIG バラードベスト~』


今回ご紹介するのはこちら。

<耳マンのそのほかの記事>

MR.BIG『ディープ・カッツ〜MR.BIG バラードベスト~』(2000年

なぜか毎年やってくるクリスマス。今年もどうやらやってきたようで。

みんなリトルツインスターズことキキララ誕生日12月24日)はお祝いしたかな? ちゃんとおめでとうメッセージ送ってあげてね。キキララTwitterもあるからね。そもそもキキララとは1975年サンリオキャラクターとして生まれ、ハローキティマイメロディと並び常にサンリオの看板キャラクターとして人気を保ち続けてきた日本のKAWAII文化を代表する偉大なキャラクターなのである。おそらく子どもの頃に誰もが(特に女の子は)キキララグッズを通ってきたと思うが、大人になってまで手にするようなものじゃない、むしろいい大人がキキララ好きってちょっと、と思っている人も多いと思う。

かしこストレスと憎悪にまみれた現代社会だからこそ我々が求めるのは心の解放。少しでも現実を忘れさせてくれる癒しの存在。それを求めてペットなどを飼う人も多いが、僕はそんな人にこそキキララを、サンリオを勧めたい。天使のような無邪気なふたりが遊んだり詩を読んだりお料理をしたり踊ったり……。ただそれだけ。ただそれだけで我々をこのただれた現実から理想の天国へ連れて行ってくれるのだ。

大人になるとシンプルイズベストの意味が理解できるようになる。「はじめてのおつかい」で泣いちゃうのはまさにそういうことだ。つまりサンリオとは子どものものというイメージは実は間違っていて、大人になったからこそ理解できる魅力があるのだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

主旨。

さて、せっかくのクリスマスということなので、今回は僕からのささやかな押しつけプレゼントアルバムをご紹介したいと思う(あれだけ連載と関係ないことをだらだら書いても全然怒らないリットーミュージックさんはやっぱりちょっと変だと思う)。

MR.BIGというバンドロックに興味がなくても聞いたことくらいはあるかもしれない。1989年デビューしたアメリカハードロックバンドである。メンバー全員がそれぞれの楽器における達人的テクニカルプレイヤーという、まさにスーパーバンドである。ことテクニックにおいてMR.BIGより上をいくバンドは存在しないかもしれない。そんな連中が揃えばすごいものが生まれるのは当然で、ヒットを連発し紆余曲折ありながらもなんだかんだ順調に活動を続けていた最中、残念なことに2018年初頭にドラマーパット・トーピーがパーキンソン病の悪化で亡くなるという悲劇に見舞われてしまう。おそらく解散はしないと思うが、代わりのきかない唯一無二のプレイヤーだっただけに今後どうするのか心配なところである。

そんなMR.BIGだが、やはり曲作りの才能も素晴らしく、アップテンポロックンロールナンバーから哀愁のバラードまで名曲を挙げだしたらキリがない。今回はそんな彼らのバラードのみを集めたベストアルバムをお勧めさせていただこう。別にこれ明確にいえばクリスマスアルバムというわけではない。ただ、彼らの作るバラードはいかにもアメリカハードロックバンドらしいスケールの大きいパワーバラードというより、全米ナンバーワンヒットとなった『トゥ・ビー・ ウィズ・ユー』をはじめ、どちらかというと温もりを感じるアットホームな雰囲気のバラードが多いのだ。そのため、そんな彼らのバラードを集めたこのアルバムは個人的にすごくクリスマスシーズンに合うアルバムだと思っている。

ジャケットがまたいい。温もりを感じる木の額縁のなかにセクシーな美女。額縁に収まっているせいか美女の視線は自分ひとりに向けられているような気になってくる。しかし柵のようなものに阻まれているため手は届かない。このもどかしい距離感。下品なエロではなく上品なエロス。この適度にアダルトな雰囲気がMR.BIGバラードの真髄をよく語ってくれている。またシーリングスタンプがギフトチックな雰囲気までも醸し出していて、一層クリスマスとの相性のよさを感じさせる。

クリスマスの夜を恋人と過ごす人もひとりで過ごす人も、キャンドルシャンパンともよく合うこのアルバムをお供にいかがだろうか。

それではみなさん、

メリークソスマス

平井“ファラオ”光(馬鹿よ貴方は)

ひらい“ふぁらお”ひかる1984年3月21日生まれ、神奈川県出身。2008年に新道竜巳とのお笑いコンビ馬鹿よ貴方は”を結成。数々のテレビラジオ番組に出演するほか、『THEMANZAI2014』『M-1グランプリ2015』の決勝進出で大きな注目を集める。個人では俳優やナレーターとしても活躍。音楽・映画観賞や古代エジプト、恐竜やサンリオなど幅広い趣味を持つ。

クリスマスとの相性抜群の名盤/MR.BIG『ディープ・カッツ〜MR.BIG バラード・ベスト~』 平井“ファラオ”光(馬鹿よ貴方は)連載