米放送局が衝撃のスロー走塁に再び脚光

 米大リーグでは絶対に見られない光景だ。あの可愛すぎる生還に再び脚光が――。米放送局「NBCスポーツ」は公式SNSで「BEST OF 2018」として、今季スポーツ界で起きたちょっと面白いシーンにスポットを当てているが、27日(日本時間28日)に公開したのは、米少年野球での衝撃的なのんびり生還シーンだ。まるで亀のようなゆっくりとした歩みで、三塁から約40秒かけてホームインするシーンを動画で公開。ファンを爆笑させている。

 未だかつてこんなにのんびりした、そして可愛すぎる本塁生還シーンがあっただろうか。NBCスポーツが年の瀬に再び脚光を浴びせているのは当時3歳の少年、レノックス・サルセド君だ。

 ヘルメット姿のサルセド君は本塁へ向かってゆっくりゆっくりスローモーションで手足を動かしている。一歩ずつ、着実に、グラウンドを踏みしめながら、本塁へ向かっている。

 途中、見かねた父親が早くホームインさせようと、背中を押そうとしたが、サルセド君は聞く耳を持たない。父親の腕を振り払い、実に40秒以上かけてなぜか最後はホームに手をつき“生還”を果たした。

 この映像が話題を呼んだのは5月。米メディアはこぞって動画を取り上げていた。当時の報道では、なぜ彼がこんなにゆっくりホームインしたのか、その理由を紹介している。

ファン大爆笑「これが大好きだ」「可愛すぎる」

 米放送局「ABCニュース」電子版によると、「レノックス・サルセドは野球の試合途中、彼はコーチからできるだけ早く帰るように言われた。幼いレノックスは、コーチアドバイスで少しでも楽しい時間を過ごすことに決めた。できるだけゆっくりと三塁ベースからホームプレートまで走ったのだ」と説明している。

 どうやら、コーチからのアドバイスが逆効果だったようだ。少年は“少しでも楽しい時間を過ごす”という目的のため、ゆっくりと本塁へ歩みを進めたのだという。

 NBCスポーツは公式インスタグラムで「2019年に向けて走っていく」とつづり、動画を公開。ファンからは「笑いが止まらない」「これが大好きだ」「可愛すぎる」「何てこった」「僕はもう2019年に辿り着いてしまうよ」などと爆笑のコメントがつけられていた。(THE ANSWER編集部)

スローモーションでホームに戻るレノックス・サルセド君(画像はスクリーンショットです)