日本人であれば当然漢字は知っていて当たり前。と外国人から見られるのかもしれませんが、残念ながら、日本の漢字の種類は大量でとても全て制覇するのは不可能常用漢字だけでなく常用外の漢字も含めればその量は果てしない。すべて知っている人は居ないのではないかと思えるほどです。さてこちらの漢字はわかりますでしょうか。

今回はまず「偶」です。なかなか「偶」だけで書くことはないのですが、言葉としてはよく発する言葉です。で、置き換えてみるとわかりやすいのかもしれませんが「偶に」という言葉にすると、もう少しわかりやすいわけです。

ということでこちらの漢字の読み方を発表すると「たまたま」です。

たまたま、は日常的によく使うのですが漢字にするとなかなか読みづらいですよね。本当に漢字は奥が深い。

その他かなり難易度高めな漢字の読み方はこちら。

乂る → かる
り → ひと
  → あげまき/つのがみ
.  → たけ/きのこ
う → あら
  → もと

凸凹のような象形文字そのままのような漢字である「丫」はなかなか使う機会はないかと思いますが、二又の枝やあげまきを表す漢字です。確かに木の枝っぽい。その他〆乄などもありますね。

10人中9人が読み間違えていそうな漢字も話題となりましたが

漢字はやはり奥が深い!



画像が見られない場合はこちら
(丫)←読めたら超漢字マニア!漢字検定1級レベルの漢字