12月28日に放送された「アナザースカイ」(日本テレビ系)に、爬虫(はちゅう)類の研究者で“爬虫類ハンター”の異名を持つ加藤英明氏がゲスト出演。トカゲにかまれながらもうれしそうな笑顔を見せる一幕があった。

【写真を見る】クレイジージャーニーで一躍脚光浴びた加藤英明氏

今回加藤氏は、ロシアリクガメとオオクチガマトカゲの冬の生態を調査するため、ウズベキスタンで冬の砂漠へ乗り込んだ。

砂漠へ向かう前、地元の動物園へ出向いた加藤氏は、ここでもオオクチガマトカゲの展示に夢中。

園長の好意で体長20cmほどのオオクチガマトカゲを手で触りながら、加藤氏は「やっぱウズベキスタン産はでかいね」とその感触を確かめた。

オオクチガマトカゲが加藤氏の親指にガブリとかみつく場面もあったが、落ち着いた口調で「うん、元気元気」と満足げにつぶやいた加藤氏。

そのVTRスタジオで見ていたMCの今田耕司は、トカゲにかみつかれても平然としている加藤氏の様子に驚きながら「めちゃくちゃ痛いでしょ?」と質問。すると加藤氏は「かむくらい元気っていう証拠ですから」とニコニコしていた。

さらに、かむ力の強さで「どんなものを食べているか、どの程度のものを食べられるかが分かる」とも解説していた。

放送終了後のSNS上には「爬虫類が相手なら噛まれてもうれしい加藤先生、かわいい(笑)」「ドライな研究者もいるんだろうけど、加藤さんは研究対象に惜しみなく愛情を注いでいる感じ」といったコメントが寄せられていた。

次回の「アナザースカイ」は2019年1月4日(金)放送。グルメ情報誌「dancyu」編集長・植野広生氏がゲスト出演する予定。(ザテレビジョン

ウズベキスタンは「アナザースカイ」史上初と紹介した今田耕司