こんな冬の雪景色はいやだ!

冬といったら、真っ白雪景色を想像する方もいるだろう。

しかし、中国のとある町では、そうではないようだ。なぜなら、きったねえ雪が降るから・・・。

中国の新疆ウイグル自治区ではこの時期、乾燥した大気によって、雪と同時に砂や埃も舞い上がりやすいという。

そのためか、めちゃくちゃ汚い雪が街を包んでしまったとして、中国で話題になっている。

うおぉ・・・・き、黄色い・・・。

この雪は、新疆ウイグル自治区のウルムチの周辺で降ったもの。

新疆気象観測所の発表によると、11月30日ごろから、近隣では強い雨風が吹いており、新疆周辺では強い暴風が巻き起こっていたという。

まきあげられた砂や埃は、ウルムチ上空に南下したあと雪を発生させ、この様な黄色い雪を降らせたのだそう。

黄色いのはどうやら表面だけなようで、中の方は見覚えのある真っ白な雪。車に降り積もった黄色い雪は、きな粉を振り掛けたかのよう。

黄色い雪はその日の午後にだんだん収まり、その後普通の雪がふり街を白く染めていったそうだ。中国のネット民の間では、「ティラミスみたい・・・」「雪合戦したくない!」といった声が多く寄せられていた。

間違っても口を開けて、雪を食べようとするのは止めた方がいいかもしれない。

 

参照元:新华网Youtube

【きな粉かな?】中国で起きた砂嵐の影響でめちゃくちゃ汚い雪がふる!