BSフジでは、12月31日(月)に「冗談騎士(ナイト) 年またぎスペシャル」(夜11:00-0:30)を放送する。

【写真を見る】コント初挑戦にして、ユニットコントバトルに参加したヤーレンズ

同番組は、鈴木おさむがMCを務める「冗談騎士」(毎週水曜夜11:00-11:55)のスペシャル版。この放送に、ヤーレンズの楢原真樹、出井隼之介が出演する。

今回の放送では、“冗-1グランプリ”を開催。次世代を担う若手芸人が「ユニットコントバトル」でトーナメント戦を行い、No.1ユニットを決定する。

出場するのは、ヤーレンズや四千頭身、ペコリーノ、パーパー、ウエストランドアイデンティティ、トンツカタン、ペンギンズの8組。それぞれ、自身の事務所メンバーユニットを組み、コントネタを披露する。

ケイダッシュステージの代表として、ねじ( せじも、ササキユーキ)と共に“冗-1グランプリ”に挑んだヤーレンズ

WEBテレビジョンでは収録後の2人にインタビューを行い、収録の感想や、今後の目標などについて聞いた。

――「ユニットコント」への挑戦が決まったときのお気持ちから教えてください。

出井隼之介(以下、出井):普段は漫才をしているので、「ちゃんとコントできるのかな?」という不安がありました。

楢原真樹(以下、楢原):本当にコントはやらないんです。単独ライブでも1回もやったことないです。

出井:それでコント初挑戦が「ユニットコント」ですからね! 意味が分からない(笑)。自分たちだけでまずやらんかい! っていう。本当に初挑戦なので「慣れないことだらけになるだろうなぁ」と思いました。

――今回はトーナメント戦だったので、全部で3ネタの作成になりましたね。

出井:準備期間があまりなかったんですよね。

楢原:そうなんですよ! コントを作ったこともないのに、一週間前にお題を言われて。

出井:それで3本作るということになって…。なのでわれわれは、3日ほど徹夜してます。

楢原:今日も徹夜だしね。老体にむち打って…。まぁ、それも気持ちがいいですね。

出井:そういう意味では、3本作る大変さもかなりありました。

■ やはり、大きいです(楢原)

――1回戦で対戦したペコリーノさんはどうでしたか?

楢原:やっぱり(クロコダイル)ミユちゃんがかわいい。それで、(植木)おでん気持ち悪い

出井:(おでんさんは)シンプルに、嫌悪感ですね。変わったコント師ですよね。

――MCの鈴木おさむさんの印象はどうですか?

楢原:やはり、大きいです。どれだけ大きく想像して行っても、実際会ったら、もっと大きい。

出井:確かに背は高いですし、大柄ですよね。それだけじゃなくて、僕たちに対するダメ出しとかをしてくれる感じ! 僕は寛容な方だなと思ってます。

ヤーレンズの鼻につく部分も許してくれる。われわれのスタンスを面白がってくれている方です。

楢原:でも、僕たちも甘えちゃってるところがあるよね。今日も収録中、ちゃんと話を振ってくれたんです。なのに僕らあんまり(リアクションを)返さなかった(笑)。それでも怒らないでくれましたね。

出井:許容してくれる、懐の深い方ですよね。

楢原:だからいろんな意味で、やっぱり大きい。いい着地ができましたね!

――今回の挑戦で、これからのコントに対する心境に変化はありましたか?

楢原:楽しかったので、これからコントやってみたいっていう思いは生まれました。ネタ作りについても、「こういう感じで作るんだ!」っていう新鮮な気持ちになりましたね。

出井:発見も多かったので、生かしていければと思いました。別にコントをやらなくても、漫才にも生かせそうだなと思います。

トム・ブラウンに追い付かないと! (楢原)

――お2人とも関西出身ですが、関西らしくない、ゆるいネタになったきっかけは?

楢原:本当は関西チックなことやりたいんです。

出井:今のスタンスになったのは、出身の“関西”のお笑いが体質に合わなかったからなんです。2人とも、あんまりパワーがないんです。でも、関西のお笑いは好きだからね。できたらいいなとは思うけど、体質に合わないんです。

――関西弁が出ないのは、もとからですか?

楢原:僕は生まれも育ちも大阪なんですけど、でも関西弁は出ないですね。関西人がわがまま過ぎるんですよ。関西弁でしゃべっていても、関東の人はみんな許すから!

出井:他の地方の人は、みんな方言直してるのに。

楢原:そうそう! 例えば、ねじさんは秋田出身ですけど秋田弁は全然出てないです。本来は、そうあるべきですよ。

出井:関西人は甘えてる。甘え過ぎ!

楢原:僕らを見習ってほしいですね。東京で、「おまえ大阪捨てたな」って関西の方によく言わるんです。でも、おまえらが捨ててねぇだけだろ!って思います(笑)

東京で「大阪捨てたな」って言われても、意味が分かんない…。

――大阪吉本時代の同期である、見取り図やアインシュタイン・稲田直樹さんの活躍を見ていて思うことはありますか?

出井:僕は見取り図と同期なんですけど、彼らがM-1(グランプリ)の決勝にいって、悔しい気持ちはあります。でも、見取り図ってずっと僕らより上のランクの芸人だったんです。ずっと前走ってる人。自慢の同期です。

事務所が一緒の時期に、(見取り図が)M-1決勝に進出していたら、もっと悔しかったと思います。でも、もう事務所が離れちゃったし、もともとずっと前を走っている人なので、「おお! すげぇな!」って思います。

楢原:(アインシュタインの)いなちゃんに関しては何もかも違うので、正直何も思わないです(笑)

出井:お笑いの才能が全然違いますね。

楢原:取ってきたお笑いパターンも全然違う。

出井:あれをライバルと思えと言われても…。

楢原:すごいなって思います。でも同じジャンルにいるのか、果たして(笑)

――出井さんの同期のコマンダンテは、ネタの雰囲気も近いですが、ライバル視されてますか? 

出井:コマンダンテ・石井(輝明)とは、大阪に居た頃に一緒に住んでいたので、仲は良いんです。デビューする前からずっと一緒にいたので、ライバル視はしていないですけど、ずっと気になってます。

楢原:まぁキャラクターがかぶっているって言ったら、Sexy Zoneとか?

出井:芸人じゃないじゃん! まぁ…(ライバルは)自分自身ですかね(笑)

楢原:誰だろうね、スタイル的にはやっぱりコマンダンテ

出井:むしろ、われわれより声を張って笑い取ってる人には、なるべく勝ちたいですよね。

楢原:同じ事務所M-1にいった、トム・ブラウンは? 

出井:あれだけ大声張り上げて、見た目も汚いし、ばかやってる2人が…。いつの間にか逆転されて、ばーんと抜かれたね。

楢原:これはもうライバルトム・ブラウンに追い付かないと!

■ ネタの見どころは、スマートな立ち姿!

――普段のヤーレンズのネタの見どころを教えてください。

楢原:これはもうね、立ち姿です。ライブシーンは一番美しい自信がありますね。

出井:僕らは動かないから、立ち姿ばっかり見られます。

楢原:立ち姿だけだったら、完全にコマンダンテに勝ってるよ。すごくスタイリッシュ。まぁおじさんだから、内容はスタイリッシュではないけどね。

出井:スマートな感じを見ていただければ。あと、意外とテンポがいい!

楢原:確かにね、そこ!

出井:最近言われてハッとしたんですけど、僕らの漫才は関西のテンポらしいんです。もしよかったら、そんなところも見ていただきたい。

楢原:あと、他と違いを出していきたいので、スーツもこだわっています。なるべく着飾って、おしゃれに見られたいです。

――今後、出てみたい番組や目標は?

楢原:やっぱり、ザテレビジョンレモン持つこと! 

素晴らしいでしょ、芸歴が長くなってくると、ちゃんとこういうこと(ヨイショ)も言えるようになる(笑)

出井:そこまで言っちゃうと台無し! さらっと言っときゃいいのよ。

自分たちがどうなっていくのか、あんまり想像がつかないですけど、幸せになりたいです。好きな番組に出て、自分たちが好きにできる時間を、どこかの電波で持ちたいです。

楢原:それは楽しい!

出井:どこで面白がられるかも分からないですから。

楢原:早く見つけてほしいです。他力本願ですよ。もう見つかれ!

――最後に、番組の見どころをお願いします!

楢原:「冗談騎士」は、われわれのような芸人にスポットライトを与えてくれる本当に素晴らしい番組です。まぁこれ、全部冗談なんですけど(笑)

出井:われわれのような芸人にもスポットライトを当ててくれる番組だからこそ、視聴者の皆さんの支えが必要です。「これから売れるぞ!」っていう芸人の、必死こいてる姿をぜひ見ていただきたいです!

楢原:本当にこれ思うんですけど、「冗談騎士」を見て年をまたいだ人は、やばいですよ!

出井:年越しの瞬間に「冗談騎士」を見てる人は、めちゃめちゃコア! いろいろなカウントダウンの番組がある中、「冗談騎士」を見るっていう選択を取ってみたらいかがでしょうか。そういう人はすごいと思う。僕らもちょっと脱帽だよね。

楢原:こういう人が日本を変えていくんだと思う。日本を変えるつもりで「冗談騎士」を見てほしいです。(ザテレビジョン

12月31日(月)放送の「冗談騎士 年またぎスペシャル」に出演するヤーレンズ