高品質で世界基準のアニメ作品を日本をはじめとして世界にも打ち出していく新アニメ枠・フジテレビ「+Ultra」。その第2弾作品として2019年1月9日より『revisions リヴィジョンズ(https://cho-animedia.jp/tag/revisions-%E3%83%AA%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%82%BA/)
』が放送される。物語の鍵を握る幼なじみを演じる主人公・堂嶋大介役の内山昂輝、張・剴(ガイ)・シュタイナー役の島﨑信長、浅野慶作役の斉藤壮馬が、見どころなどを語ってくれた。

――オリジナルアニメということですが、台本を読んだ感想からお聞かせください。

内山 アフレコが始まるまでに監督とアニメプロデューサーと、メインの声優陣で作品に関する説明会を開いてくださって、事前に色々演じやすい環境を作っていただけました。最初の段階からシナリオを数話分いただいたし、先のことを知った上でアフレコが始まったんですが、漠然とすごい壮大な作品だなと(笑)キャラクターストーリーの全てにおいて、練られてるなという印象を受けました。

斉藤 いい意味でキャラクターに一貫性がなくてリアルですよね。人間って、昨日と今日では言っていることが違ったりするんですけど、そういうのが丁寧に作り込まれている。あとは、映像のインパクトすごいですね。特に初めて敵が動いているときを見たときはびっくりしました。台本の力と映像の衝撃とが相まって、すごい作品になりそうだなと。

内山 「アクションはこんな風に動くんだ」とか驚かされましたね。様々なことにチャレンジしていく作品なんだなと感じました。

――島﨑さんはいかがですか?

島﨑 本当に皆さんがおっしゃる通り、面白そうな、濃い作品になりそうだなというのが第一印象でした。実際にいろんなことがわかってくればくるほど面白いし、緻密だけど計算だけじゃなく、スタッフさんの熱量をすごく感じて嬉しくなりましたね。登場人物の言動にもテーマメッセージ性が押し付けがましくなく感じられるので、それを受け取ってもらえたらより面白いんじゃないかという印象を受けました。



――それぞれ演じられるキャラクターについての特徴や、ご自身と似てるところ、共感できる部分などはありますか?

内山 メインで描かれてるのは、昔からの友達グループなんですが、大介は子どもの頃にある出来事に巻き込まれて、それで人生を決められてしまったというか、「みんなを守らなきゃいけない」という使命感がある種の呪いのようにずっと心に残り続け、人生観が形作られていったんです。その言葉だけ聞くといいことのように思えるのですが、それがずっと続いた結果、ちょっと行き過ぎた正義感というか……ちょっと「あれ」な部分があって、狂気じみた部分が見えるようになってしまった子で。そのグループの友達から、少し疎まれる存在になってしまったんですね。あと、自分と似てるところですか?……全然似てないって言いたいです(笑)。でも、みんな「(大介は)結構クズだね」って言った後に、「ピッタリだね」って言ってくるんですよ(笑)

斉藤・島﨑 (笑)

内山 どういうことなんだと。複雑な気持ちです(笑)

斉藤 僕は(ピッタリと)言ってないですよ(笑)

島﨑 演技がピッタリっていうだけですよ! ウッチーから飛び出す表現がピッタリだねってことだよ、きっと。

斉藤 そうです。それが総意です(笑)。内山さんは普段、すごく丁寧なお芝居される方だと思うんですけど、今回の大介は足し算で、それが各シーン、各セリフマッチしているので、そういう意味ではピッタリだと思います。

内山 ありがとうございます!(笑)

島﨑 ガイはですね、現在の状況としては、大介と真逆な状況でして。文武両道で、サッカーでもプロにもなれるんじゃないかというレベルで、ものすごく男子からも慕われ、女子にも人気があり、多分学園No.1っていうくらいのリア充の極みみたいな子です。実行力もあり、精神的にもリーダー気質なところもある。日常だと、こんな完璧な人いていいの?ってくらいの子です。ただ、大介に関してだけは動揺が大きかったり、ムキになるんです。大介のことが嫌いなら無視してもいいはずなんですが、興味があるんですよね。ガイ自身も昔の経験でミロに言われた言葉が、心に残っているから、真っすぐそこに向かって走り続ける大介が気になるんじゃないかなと。なので、冷静なガイが非日常に入った時にどう変化するのか、大介との関係性がどうなるのか、注目ポイントなんじゃないかと。

内山 ご自分と似てるところは?

島﨑 「リア充の極み」って言った後に!?(笑)

内山 もうピッタリじゃないですか!

島﨑 いやいや(笑)。でも僕、気をつけるようにしているんですが、自分の得意分野に関して、相手も出来るだろうなと思っちゃうところがあって。ガイも大介とは違う方向で、人の気持ちをわかり切れてない部分があって。そういう思慮の足りなさが似ているかなと思いました。

――内山さん、斉藤さんから見て、いかがですか?

内山・斉藤 ピッタリだと思いますよ。

島﨑 この流れで(笑)

内山 (笑)でも、直感的にしっくりくる感じがありますね。

島﨑 そう思ってもらえて、嬉しいです(笑)

斉藤 慶作はバランサー的立ち位置で、みんなのムードメーカーと言いますか。「まぁまぁ」とおちゃらけて見せることで空気を和ませようとするタイプの人かなと思っています。基本的に世渡り上手というか、要領がいいんですよね。でも、紹介文でも書かれている通り、「まぁまぁ」の次くらいに、「俺は運がないから」ってことを言う謎のペシミズム(悲観主義)も併せ持っている。そのあたりが今後どう物語に影響してくるか見ていただきたいと思います。基本的に僕は役と似てるかどうかは気にしてないんですけど……似てるところはあまりないかな。慶作は、なんだかんだ言いながらも根っこはとても素朴でいい人なんじゃないでしょうか。自分本位でバランサーの役割を買って出ているというより、単純にみんなの雰囲気をよくしてあげようという、根本的にいい人なところがあるので、そこにしっかりと歩み寄っていければと思います。あまりこういうタイプの役はやったことがないので、自分的にも新しいチャレンジかなと。

内山 慶作はムードメーカーだけど、押し付けがましくないところがいいですね。

島﨑 壮馬君も慶作とは違うけど、相手の気持ちを考えたり、合わせてくれるいい奴だと思うのでピッタリです。

斉藤 ありがとうございます(笑)。あと、名前をすごく間違われますね。現場でも、台詞で呼ばれる時に「ケイスケ君!」って言われるんです。

島﨑 誰か「ダイサク」って呼んだよね。

斉藤 それも呼ばれましたね (笑)


自分が「飛ばされる」なら、過去?未来?

――アニメでは渋谷の街が300年以上先の未来に跳ばされるというお話ですが、皆さんが「跳ばされる」なら過去と未来、どちらがいいですか?

内山 未来ですね。最新の技術が見たいので。ただ、「revisions リヴィジョンズ」の場合、周りは荒野なんですけど(笑)。そうじゃない未来を体験したいです。

斉藤 僕はとりあえず2045年以降がいいですね。2045年には「シンギュラリティ(技術的特異点)」があって、人工知能が人類の知能を超えると言われるので、技術の進んだ先が見てみたい。でも逆にめっちゃ過去でもいいです。ギリシャ時代とか。あの事件はどうなのか……っていうのを気にしだすと、キリがない。

島﨑 それなら俺は本能寺が実際どうなのか見たいです。実際、織田信長が生き延びたのか、死んだのか……。織田信長に会ったら斬り捨てられて終わりそうなので、会いたくはないですけどね(笑)。でも、未来にフルダイブもしてみたいかな。

斉藤 「マトリックス」みたいに?

島﨑 そう、「マトリックス」みたいな感じで。

内山 じゃあ、全員未来かな。

――大介はよく「かけがえのない瞬間」と口にしますが、皆さんにとっての「かけがえのない瞬間」とは?

内山 僕は、高校の同級生たちと今でも遊ぶんですけど、友達グループのなかの1人の実家に、大学生の頃、みんなでよく泊まりに行ってたんですよ。

島﨑・斉藤 いいねぇ〜。

内山 あの頃が一番、人生で輝いてたので(笑)。最初は遊びに行くだけで泊まるつもりなかったのに、そのまま泊めてもらって……っていうのが、俺のかけがえのない一瞬でした。あの時は楽しかったですね。あの時間に戻りたい(笑)

斉藤 僕も大学時代の友達と仲良くて。うれしかったのは、声優アワードで新人賞をいただいた時、たまたま友達と飲む約束をしていて。別の友達の卒業祝いだったのに、サプライズで「壮馬、おめでとう」って温熱調理器みたいなのをプレゼントしてくれて。でも、友達が泊まりにきた時にそれで調理して、次の日見たら取っ手が折れてて(笑)。本当に「かけがえのない一瞬」でした。でも、めちゃめちゃ嬉しかったので、接着剤で止めて使ってます。

島﨑 僕は最近、大人になってから友達になった人たちと、その中のひとりの家に集まって料理とか準備して、みんなで映画見たりゲームしたり、そのまま近くのアクティビティを体験したり、青春チックなことをしています。普通の日もだけど、大晦日に集まって、何か一つ趣味があうみんなで集まって泊まっていくというのが、一年で1番の癒しです。

――最後に、衝撃的なシーンが多いアニメですが、印象的なシーンや見どころ教えてください。

内山 300年以上先に跳ばされた結果、極限状況が生まれて一部の人は人間性が変わってしまいます。「あの人、こうなっちゃうの!」というようなことも描かれて、人間の怖さが要所要所で出てくるのが見どころです。

 日常の光景の中に、急に非日常が侵食してくる。そういう時に見せる人間の心理は我々も衝撃でしたし、見てくださる方にも大きなインパクトを残すかなと思います。アクションシーンにも注目していただきたいですね。完成版を見るのが楽しみです。

島﨑 2話以降ですが、学校だけじゃなく、その時渋谷にいた大勢の人が跳んでいるので、一個の社会というか国のようになるんです。一個の社会という規模で極限状態でクローズされてしまうと、一筋縄ではいかなくなり、怖さも面倒臭さがあるわけで。その反面、もちろん温かい部分もあると思います。個人ではなく、社会としてのいろんな心の動きや流れがとても面白い。それを取り扱う作品は珍しいなと思ったので、ぜひ見てほしいです。

斉藤 あとは、いかに大介さんが「あれ」かってところですよね(笑)。普通のアニメだと思ったら、びっくりしますよね。

島﨑 そうですね。1話の見どころは、大介さんです!(笑)

画像ギャラリーはこちら(https://cho-animedia.jp/anime/72627/)
クリックすると拡大できます。

 

撮影/今井裕治


〈『revisions リヴィジョンズ』概要〉
■放送情報 
2019年1月9日よりフジテレビ「+Ultra」にて毎週水曜日24:55から放送開始 
NETFLIX にて1月10日(木)より日本先行全話一斉配信 
ほか各局にて放送
関西テレビ東海テレビテレビ西日本北海道文化放送、BS フジ

イントロダクション 
谷口悟朗×深見真×近岡直×白組 個性際立つクリエイター陣がおくる、青春(ジュブナイル)“災害”(パニック)群像劇(アンサンブル)── 
7年前のあの日、彼女は言った。 
俺たちにいつか大変な危機が訪れる。
みんなを守れるのは俺だけだと。 
誰も予言を信じていないけど、俺は毎日トレーニングして、常に大事な仲間を守ってる。 
そんな俺を認めてくれるように、俺と4人の仲間に一通のメールが届いた。 
そう。予言のときが、ついに、きたんだ……!

監督は、第36回星雲賞アニメ部門)受賞作『プラネテス』や『コードギアス 反逆のルルー シュ』などで世界のアニメファンを魅了し続ける谷口悟朗シリーズ構成・脚本はキャラクター の日常と闇を魅力的に浮かび上がらせる『PSYCHO-PASS サイコパスシリーズ深見真キャラクターデザイン原案は、柔らかい質感で精緻に人物を描き出す『Wake Up, Girls!』の近岡直。アニメーション制作は『永遠の0』『ALWAYS 三丁目の夕日』など心揺さぶる数々の映像作品を生み出した白組が担当。

ストーリー 
 「これは予言よ。あなたたち5人に、いつか大変な危機が訪れるの。そのときみんなを守れるのはあなた」 幼いころ誘拐された過去をもつ高校2年生・堂嶋大介は、幼なじみのガイ、ルウ、マリマリ、慶作とともに、不可思議な現象──「渋谷転送」に巻き込まれる。渋谷の中心部が跳ばされたのは300年以上先の「未来」。そこで待っていたのは、広大無辺な荒野と森、点在する廃墟……そして、未来人「リヴィジョンズ」と彼らが操る巨大な機械の化け物だった。理由もわからぬまま化け物に蹂躙されていく渋谷を助けようと現れたのは、誘拐事 件の大介の恩人と同名で瓜二つの少女・ミロ。彼女は、大介たちだけが操縦できる人形兵器「ストリング・パペット」を提供し、渋谷を守れと促す。 誘拐事件の恩人──ミロによる予言「仲間を守る運命」を信じて生きてきた大介は、 ついに訪れた危機と手に入れた力に歓喜する。しかし、幼なじみ5人の絆は誘拐事件の影響でバラバラとなっていた。 
 孤立した街。未知の敵。未確定な過去と運命の予言。少年少女たちは、「現在(いま)」を取り戻すために「未来」と戦う。必ず、元の時代へ戻る──

スタッフ
原作 S・F・S 
監督 谷口悟朗 
CG監督 平川孝充 
シリーズ構成 深見 真/橋本 太知 
キャラクターデザイン原案 近岡直 
メカデザイン 新井陽平 
CGキャラクターデザイン 白井順 
BGコンセプトアーティスト 白田真人 
MattePaintディレクター 大西穣 
美術・設定 坂本竜 
色彩設計 長尾朱美 
撮影監督 高橋和彦 
編集 齋藤朱里 
音響監督 明田川仁 
音楽 菊地梓 
企画 スロウカーブ 
アニメーション制作 白組 
制作 リヴィジョン製作委員会
オープニングテーマ THE ORAL CIGARETTES「ワガママで誤魔化さないで」(A-Sketch

キャスト
堂嶋大介 内山昂輝 
ミロ 小松未可子 
張・剴・シュタイナー 島﨑信長 
張・露・シュタイナー 高橋李依 
手真輪愛鈴 石見舞菜香 
浅野慶作 斉藤壮馬
チハル・イスルギ 日笠陽子
キュー・イスルギ 田村ゆかり
堂嶋幹夫 櫻井孝宏
矢沢悠美子 遠藤 綾
黒岩亮平 てらそままさき
牟田誠一郎 飛田展男
泉海香苗 寺崎裕香
ニコラス・サトウ 大塚芳忠

revisions』 公式 サイト
http://revisions.jp/


revisions』公式 Twitter
https://twitter.com/revisions_pr
 

©リヴィジョン製作委員会