東京ディズニーランドでは2020年春にファンタジーランドを中心とした大規模開発エリアオープン予定。

【写真40枚】東京ディズニーランド大規模開発事業フォトギャラリー

現在の工事の進捗状況を見学してきました。

東京ディズニーランドで進行中の大規模開発事業は、ファンタジーランドに『美女と野獣エリアトゥーンタウングリーティング施設「ミニースタイルスタジオ」、トゥモローランドに「ベイマックスハッピーライド」とポップコーン店舗がオープンするもの。

総開発面積47,000㎡、総投資額約750億円という、非常に大きなプロジェクトです。

2018年12月6日、あいにくの雨の中で新エリアの施設名発表に合わせて開催されたプレス向け見学会で工事現場を見学してきました。

史上最高規模「美女と野獣“魔法のものがたり”」

ファンタジーランドの目玉となるアトラクションは「美女と野獣“魔法のものがたり”」。

映画『美女と野獣』の名シーンを映画の名曲と共に巡る世界唯一のオリジナルアトラクションとなります。

プーさんのハニーハント」のような形状の深皿型ライドは、前4人後ろ6人の10人乗り。

まるでお皿自身が音楽に合わせて踊っているかのように座席部分が揺れ動くそうです。

ライドの体験時間は約8分。

似た形式の「プーさんのハニーハント」が約4分30秒であることから考えても、かなり長く、じっくり映画の世界に入り込めるものになりそうです。

投資額は約320億円。

大規模開発事業全体で約750億円のうち、このアトラクションだけで約320億円を使います。

これは単体施設としては東京ディズニーリゾート史上最高。

これまでの過去最高額タワー・オブ・テラーの約210億円と比べても「美女と野獣“魔法のものがたり”」の気合の入りっぷりが分かります

制作中の動画を見ると、最新のオーディオアニマトロニクスが使用されており、機械なのか疑うほど自然で滑らかな動きのベルが見られます。

王子とのダンスシーンでは足まで動いており、もうどんな技術なのか分かりません。

工事の進捗状況は?

外観は来秋に完成予定

美女と野獣“魔法のものがたり”」は2018年12月現在、内装・外観工事の段階。

外側も窓などお城らしい形がはっきりと分かり、装飾のない背面(バックステージ)側はほぼ完成しているように見えました。

堀や川が掘られているため、お城につながる橋や門の位置もはっきりと分かり、Qラインの形状がなんとなく掴めるような状況でした。

ちなみにQラインにはお城の中にもあり、場内では映画のストーリーが感じられる作りになるそうです。

最近はパーク内からも工事が進んでいる様子が見え、お城の大きな塔が2つ見えていました。

この塔の高さは約28m。

今後さらに高くて太い塔がもう1本立つ予定で、これの高さが約33mになります。

30mを超える大きさのお城ですが、シンデレラ城との間には物理的な距離を取り植栽などを挟むことで、2つのお城が同時に視界に入らないよう工夫して設計されているとのこと。

ベルズ・ビレッジも工事進行中

美女と野獣エリアはお城側とベルズ・ビレッジ側に大きく分かれています。

アトラクションのファストパス発券機はベルズ・ビレッジのモーリスのコテージに設置。

ここはパレードルートに面していますが、パレードルート自体の改修は行わず、対岸のベンチなどをテーマ変更する予定だそうです。

村からお城へは、たくさんの植栽が植えられており、徐々に森になっていきます。

植栽によって奥行きが生まれ、村とお城に距離があるように感じられる設計だそうです。

ベルズ・ビレッジのレストラン「ラ・タベルヌ・ド・ガストン」は約200席のうち約75%を屋内席に、残りの屋外席も屋根をつけることで快適な喫食環境を整備。

このエリアは「スタージェット」跡地のため、「グランドサーキットレースウェイ」や駐車場跡地である「美女と野獣“魔法のものがたり”」より工事のスタートが遅いエリア

しかし工事は順調に進んでおり、レストランは内装工事の段階だそうです。

お店の前には噴水があり、ゲストの憩いの場となるそうです。

ベイマックス&新シアター

ファンタジーランド・フォレストシアター

東京ディズニーランド初の本格的な屋内型のシアター「ファンタジーランド・フォレストシアター」。

投資額は約170億円で、収容人数約1,500人。

東京ディズニーシーの「ブロードウェイミュージックシアター」とほぼ同等の規模とのこと。

大型シアターのため美女と野獣アトラクションと共に早期に着工しており、現在は内装・外装工事の段階。

美女と野獣のお城のすぐ横に完成しますが、間に植栽や滝を挟むことで世界観を分けています。

植栽などがない現時点では、モーリスのコテージからベルズ・ビレッジの通りをまっすぐ見たときの突き当たりにシアターの入口が見えます。

シアター入り口の屋根の奥は段々になっており、今後そこに山や木々の装飾を設置することで、大型シアターを深い森に隠すことになるそうです。

人に優しい「ベイマックスハッピーライド」

トゥモローランドにはアトラクションベイマックスハッピーライド」がオープン

ディズニーカリフォルニアアドベンチャーの「メーターのジャンクヤード・ジャンボリー」、ディズニーハリウッドスタジオの「エイリアン・スワーリング・ソーサー」、上海ディズニーランドの「ウッディのラウンドアップ」と同形式のライドです。

現在は2コースのうち1コースの土台ができた段階。

地下に大きな装置を埋め込むことで、地上にフラットな作りとなっており、高齢者や車椅子ゲストも移動しやすいバリアフリー構造。

ケア・ロボットベイマックスらしく、人に優しい構造のライドが特徴です。

ファンタジーランドとの境には大きなコンクリートの壁が立っており、今後これがエリア同士の世界観を分ける役割を担っていきます。

大規模開発エリアオープン2020年春。

こんな大きなエリアがいよいよ出来るんだという実感が湧いてきました。

その前に2019年夏の「ソアリン:ファンタスティックフライト」のオープン東京ディズニーシー)も待っています。

美女と野獣“魔法のものがたり”