12月31日(月)に放送される「第69回NHK紅白歌合戦」(夜7:15-11:45※中断ニュースあり、NHK総合ほか)のリハーサルが東京・渋谷のNHKホールで行われ、当日午前分は無事に終了。総合司会の内村光良、紅組司会の広瀬すず、白組司会の櫻井翔の模様をリポートする。

【写真を見る】総合司会の内村光良と紅組司会の広瀬すず

リハーサル生放送の前半分を通して行われた。

■ 「R.Y.U.S.E.I.」で1曲目から最高潮!

まずは、三代目 J Soul Brothersが登場し、メンバー、司会者らがあいさつを交わす。櫻井と岩田剛典は個別に話す姿も。

内村、広瀬、櫻井、桑子真帆アナが“ランニングマン”ポーズで曲振りをすると「R.Y.U.S.E.I.」がスタートメンバーが審査員席前に移動しても内村、広瀬、櫻井はノリノリで一緒にダンスを披露し、特に内村のダンスが激しかった。

また、櫻井はオープニング衣装の履物でランニングマンが踊れるかも確認。そして、ラストもバッチリ全員で決めポーズ

■ リトグリの曲にもノリノリ♪

坂本冬美の「夜桜お七」、郷ひろみの「GOLDFINGER'99~GO!GO!2018~」と続き、Little Glee Monsterの「世界はあなたに笑いかけている」の紹介VTRでは音に合わせて体を揺らす櫻井。

山内惠介の「さらせ冬の嵐~刀剣男士コラボスペシャル~」、Hey! Say! JUMP「Ultra Music PowerHey! Say! 紅白スペシャルver.~」、丘みどり「鳰の湖」の曲紹介も問題なくこなしていく。

櫻井翔チコちゃんに“頭ポン”&“なでなで

途中、「チコちゃんに叱られる」でおなじみのチコちゃんが登場する一幕も。だが、チコちゃんが「ねえねえ翔ちゃん」と言いながら明らかに内村に話し掛けるハプニングもあり、会場は笑いに包まれる。

その後、少しリハーサルの進行が止まってしまったが、櫻井はチコちゃんに興味津々の様子で、チコちゃんの頭をポンポンとしたり、なででみたりコミュニケーションを図る。

さらには、マイクなしでチコちゃんと談笑も。意気投合した2人はとうとう握手までしてしまう盛り上がりようで、そんな2人を見た内村は「プライベートトークしてる…」と驚いていた。

■ “筋肉体操”に司会者大興奮!

司会者3人がお気に入りだったのは天童よしみの「ソーラン祭り節2018~どさんこver.~」。

NHKホール全体を巻き込んだ「これぞ紅白」というド派手なステージと、武田真治らによる“筋肉体操”がコラボする様子に3人は大喜び。内村に至っては膝をたたいて笑うほどだった。

■ とにかく「音を楽しむ」!

続いてはSuchmosの「VOLT-AGE」。この曲が大好きだという櫻井は、序盤は縦ノリだったが、次第に体を前後に揺らすほどSuchmosに酔いしれていた。

まだまだ櫻井にとって魅力的な楽曲は続き「プロポーズ」を披露する純烈の時には、振り付けを覚えて一緒にダンス

マリーゴールド」をあいみょんが熱唱すると、冒頭のメロディの「ジャジャン♪」という音に合わせて手を動かす櫻井。そのタイミングで一度ステージ裏に入らなければならず、泣く泣く退場。

しかし、ラストの大サビで戻ってこられた櫻井は、移動しながらもリズムに合わせて腿を叩く。曲が終わると3人で「あいみょん、いいねえ」としみじみ。

リハーサルは順調に終了!

その後も、水森かおり「水に咲く花・支笏湖へ~イリュージョンスペシャル~」、Sexy Zone「カラクリだらけのテンダネス~2018紅白ver.~」、刀剣男士刀剣乱舞~出陣!紅白歌合戦~」、Aqours君のこころは輝いてるかい?」、島津亜矢「時代」、五木ひろし「VIVA・LA・VIDA!~生きてるっていいね!~」を順調に紹介した司会者陣。

リハーサルの様子から内村、広瀬、櫻井それぞれに出場歌手の楽曲を最前線で楽しんでいることが伝わってくる。

音楽を愛し、出場歌手に敬意を払い、笑顔あふれる進行を務める姿に、“平成最後”の紅白司会者に抜てきされた理由を感じさせた。(ザテレビジョン

「第69回NHK紅白歌合戦」白組司会の櫻井翔(写真中央)。嵐のメンバーは胸を張って紅白本番へ送り出す